2016年12月17日

新潟に行ってきました

こんにちは、松村です。

あっという間に年末ですね。時間がたつのが本当に早く感じます。
「生まれてから20歳までと、そこからの人生の体感時間は一緒」という話を聞いたことがありますが、その通りかもしれません…。


 僕は、来年1月放送開始テレビシリーズの【ACCA13区監察課】に参加させて頂いています。

visual_1_sp.jpg

少人数で作品のスタイルを確立していく、というような段階で参加させてもらっていて、
いつも以上に物を作っている感じがあり、とてもいい経験になっています。

1月10日火曜日から放送が始まります。ご期待ください!

公式サイトはこちら
http://acca-anime.com/




 今回は、夏の終わり頃に2泊3日でいった新潟旅行をご紹介します!

初日は良く晴れ、海ではっちゃけようと車でむかいます!!!!

i.jpg
車が動かなくなりました…。(この後おじさんに助けてもらいました)

宿泊場所のキャンプ場へいきました。バンガローを借りて、バーベキューをしましたが、さすが山。一瞬で光に虫が群がります。
視界に常にカメムシがいるという環境でバーベキューをして初日は終了です。

翌日は台風の影響で雨でしたが、せっかく山にきたので写真をパシャパシャ。
c.jpg

d.jpg

雨が降ってしまったので予定を変更して、ネットで発見したせんべい王国という所に行き、せんべい焼き体験をしました。
しょうゆで絵を描ける!ということで、パブロでもオープニング背景の一部を担当させて頂いているサザエさんから、マスオさんを描きました。
g.jpg


その後運良くやっていたジブリのレイアウト展にいきました。
h.jpg
トトロに群がる。

晩御飯は大将と仲良くなろう!という決意のもと地元のすし屋へ。地元のおばちゃんたちも巻き込んで仲良くなりました。その中にオリンピック選手のお母さんがいらっしゃって、旅の出会いは面白いなあ〜と思いました。


最終日はホテル近くに恋人岬という恋愛スポットがあったので男4人で行きました。効き目はなさそうです。
写真 2016-12-15 22 37 35.jpg
恋愛スポットでかっこいい写真を撮ろうとする一行。


その後は越後湯沢周辺のスキー場でゴンドラに乗って、山をぶらぶらしました。空気がおいしかったな〜。

おそらく次のイベントは年越しでしょうか。2016年残りもがんばっていきたいです。



posted by パブロ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(松村)

2016年12月10日

郷土玩具平田さんについて

こんにちは。

最近TBSラジオのたまむすび火曜日の【おばあちゃんのつぶやき】というコーナーに
どっぷりはまってしまい、同じ放送を何度も繰り返し聴いては、同じところで何度も笑ってしまっている藤野です。


最近パブロでは、引き続き沢山の作品が動いています。

私が今参加している作品は来年1月放送開始テレビシリーズの【ACCA13区監察課】という作品です。

visual_1_sp.jpg

つい先日、1話のオールラッシュ(スタッフで内容の最終確認をする試写のようなものです)
に参加させていただいたのですが、キャラと音楽と背景が相まって、すごく格好良くなっていました。

1月10日の火曜日から放送スタートです!是非ご覧下さい。

公式サイトはこちら
http://acca-anime.com/




そしてブログの本題ですが、今日は私が大好きな土人形を取り扱っている
【郷土玩具平田さん】を紹介しようと思います。

そもそも土人形とはなんぞや?!という方もいるかと思うのですが文字通り、土で出来た人形です。
日本の伝統工芸品のひとつです。京都の伏見人形等が有名です。

ゲットできる場所は、主にお土産やさんや骨董品を扱うお店ですが
神社仏閣の授与品として授かれたりもします。

ですが、最もゲットするのに最適な場所が、郷土玩具平田さんなのです。
東京でも手に入る場所はありますが、ここまで専門的に取り扱っているお店は見たことがありません!

場所は京都、東寺のすぐ隣にあります。京都駅からバスで5分くらいです。

外観はこんな感じで京都らしい町屋です。

IMG_5467.jpg


中に入りますと、このように所狭しと郷土玩具が飾ってあります。

IMG_5457.jpg

IMG_5460.jpg



人形達を眺めていると、店主の平田さんが人形それぞれの作者や、思い出を話してくれます。
莫大な情報量が平田さんの頭の中にはあるようです。

これらは平田さんが何十年もかけて全国を旅しながら集めた郷土玩具だそうです。

IMG_5455.jpg

IMG_5453.jpg


IMG_5463.jpg

購入すると平田さんが大切そうに、子供を嫁に出すような雰囲気で梱包し、箱につめてくれます。
いつも、大切にするからね!と強く思いながら店を後にします。


土人形はひとつひとつ手でこねられ、手描きで色彩されたものが多いです。
手描きの背景画を見てるときにも思うのですが、機械ではなかなか表現しにくいそれぞれの制作者の手の癖だったり
味みたいなところに惹かれるのかもしれないです。

IMG_5501.JPG


 
posted by パブロ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(藤野)

2016年12月03日

最近観にいった映画


アルバイトの土橋です。

もう12月になり2016年も残り僅かとなりましたが…
今年は個人的に沢山映画を観にいったなあと思います。
「バットマンvsスーパーマン」「キャプテンアメリカ:シビルウォー」
などの大好きなアメコミ映画や
「シンゴジラ」「君の名は」などの邦画まで…

そして最近11月には「この世界の片隅に」を観にいきましたわーい(嬉しい顔)
SNSで話題となり、私が観にいくころには劇場拡大が決まっていたので
南町田のグランベリーモールという近場の映画館で観ることが出来ました。ぴかぴか(新しい)

IMG_4012.JPG
(グランベリーモールです。)

IMG_4097-thumbnail2.JPG
(急遽上映決定ということでポスターが置いてありました。)

観た感想ですが、前半は笑い、後半は終始泣きっぱなしになり
戦時中の家族の温かみを感じるとても感動的な映画でした。もうやだ〜(悲しい顔)

第二次世界大戦中の話とのことで、これまで様々な作品を観たことがありましたが
この作品のような戦時中の一般家庭からの視点の作品は触れたことがなかったのでとても新鮮でした。
内容も素晴らしかったのですが、作品全体の絵がとても素晴らしく
手描きで描かれている当時の町や村々の細かい描写の背景や
人物の日常的な動作の描写が丁寧に表現されていて綺麗でした…。
最終的に人間賛歌的なメッセージを感じられ、美術の美しさもあり
戦時中の作品ですが全体的に綺麗な温かい映画だったなあと思いつつ劇場を出ることができました。ひらめき

原作を未読で映画を観にいったのですが、帰宅してすぐに原作を一気に購入してしまうなどと
改めて映像作品の強いメッセージを発信できるという力強さを感じました。
原作を読んだ上で、また時間があればもう一度観にいきたい作品です。

来年の映画も楽しみな作品が多いので2017年も楽しみにしていきたいです。



posted by パブロ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月26日

龍の歯医者やってます

こんにちは 藤井です。
今日のマジきゅん班は〆切日の雰囲気で、てんやわんやしているようです。

一方私は龍の歯医者↓ とか、その先の作品の準備とかをしています。
http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/

今回は龍の歯を背景で描くことになったので、参考に歯を作ったりもしています。

IMG_1650.JPG
IMG_1652.JPG
IMG_1654.JPG


龍の歯医者はアニメーター見本市でも弊社で美術をやっていましたが、今回は設定から絵の雰囲気までまるっと作り替えています。

見本市ではリアルっぽい美術でしたが、
今作では光とか空間をかなりデフォルメしています。
監督はBGチェックのときに「最近なかなか見ない美術だなー、日本昔話みたい」とたまにつぶやきながら
思い切った表現を使ってもOKを出してくださって、とても楽しく作業させてもらっています。

次回のブログ当番より龍の歯医者の放送のほうが早く来ると思うと・・・どきどきが止まりません。

2月にBSプレミアムで放送です。
ぜひご覧ください。

posted by パブロ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(藤井)

2016年11月19日

フリップフラッパーズ の背景美術

こんにちは、福田です。
昨日28歳の誕生日を迎えました!1年経つのがあっという間で少々焦っています。

さて
只今弊社で美術を担当しているアニメ「フリップフラッパーズ」(TOKYO MX 毎週木曜22時〜 他)が放送されていますが、僕はこの作品で美術監督補佐や美術チェックを行なっていました。
今回は、その美術制作について少し紹介したいと思います。

Cxd9aU8UcAAbmjB.jpg
ブルーレイ&DVD用美術です

フリップフラッパーズでは「現実世界」と「ピュアイリュージョン」という大きく分けて2つの世界が登場し
特に「ピュアイリュージョン」は、毎回異なる空間が舞台になっています。

美術では、それらの世界観に合わせて
手描き(紙に絵の具で描く)とデジタル(パソコンソフトで描く)を使い分けて制作を行っています。

例えば、街や学校などはポスターカラーなどを用いて手描きで作業しており
SF01_057片 のコピー.jpg

SF01_056_RRR のコピー.jpg

SF01_080片 のコピー.JPG

対照的に、第2話で登場したピュアイリュージョンなどは、全てデジタルで作業しています。

SF02_174_177_183_RRRRR のコピー.jpg

SF02_226_241RR清 のコピー.jpg

このように
現実世界とピュアイリュージョンの世界の違いを表現するため、描画技法に大きく差をつけている点が
この作品の特徴です。

ここで今まで登場してきたピュアイリュージョンの美術を一部紹介したいと思います。

第1話     
SF01_180 のコピー.jpg

SF01_215_237 のコピー.jpg

SF01_203 のコピー.jpg


第2話 
SF02_220 のコピー.jpg

SF02_304 のコピー.JPG

SF02_276_RR のコピー.jpg


第3話 
SF03_031_R のコピー.jpg

SF03_258 のコピー.jpg

SF03_149_R のコピー.jpg

第4話 
SF04_196_RR のコピー.jpg

SF04_232 のコピー.jpg

SF04_203 のコピー.jpg


第5話 
SF05_116_138_152_R のコピー.jpg

SF05_272 のコピー.jpg

SF05_325 のコピー.jpg

第6話 
SF06_073 のコピー.JPG

SF06_127_130_156_159_R のコピー.jpg

SF06_265 のコピー.jpg

第7話 
SF07_178 のコピー.jpg

SF07_229 のコピー.jpg

SF07_222 のコピー.jpg

話数によって、手描き作業とデジタル作業のバランスは変えています。
手描きでも画材や塗り方を変えたり、デジタル作業の方も使用するテクスチャーを変えたり
表現に変化を持たせています。

また、3話で登場した
パピカとココナが技を発動するカットは「ハーモニー」という処理で制作しています。
15134541_926866797445716_5871218568330751029_n のコピー.jpg

簡単に説明すると、作画様が描いた線を基にして美術が彩色をする技法です。

この線画に合わせて
SF03_239_ bg2 のコピーa.JPG

美術で着彩したものを合わせると
15134805_926866750779054_6562533953360478979_n のコピー.JPG

最終的にこのような絵になります。
SF03_239_ bg2 の.JPG
 
ハーモニーは6話で喧嘩をしているシーン等でも使用され独特な雰囲気になっています。 
 
このように
フリップフラッパーズでは監督のこだわりに合わせて美術の方でも様々な幅広い描画方法を使用しているので、その辺りにも注目して視聴して頂けると嬉しいです!
 
パッと見は単純な絵面に見えても、かなり入念に練られている世界観なので、見る度に新たな発見が出来るアニメだと思っています!

因みに、弊社で担当している話数は、第1,2,3,4,5,6,7,9話になりまして
8話と10話以降は他社様が美術を担当されています。
美術補佐として監督と直接やりとりをしたりいろいろと新鮮で僕にとっては思い出深い作品になりました!

これから物語も終盤に入っていきますが、どのような展開になるのか楽しみです! 
 



posted by パブロ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(福田)