2017年03月16日

エレクトロ二クス製作

 こんにちは、今井です。

今回はエレクトロ二クス製作で、以前に作ったもので、毎日使っているものを紹介します。

真空管6AQ5を使用した時限装置(タイムスイッチ タイマー)です。
1950年代のエレクトロ二クス回路集などを参考に、思いついたアイディアを盛り込み実験を何度か行った結果、実用性がみえてきたのでケースに組み込んでみました。
当時の真空管回路なので、丸型電流計など、それらしい年代物の部品を使いました。
使用できる時限時間30秒から15分ほどで、セットした時間がくるとブザーが鳴ります。リレースイッチを使用しているので、電化製品などにつなげてスタートON またはOFFさせることもできます。

 IMG_5455.jpg
  真空管6AQ5

 IMG_5459.jpg
  使用した部品の一部

 IMG_2446.jpg
  実験しているところ テスターで電流などを測定しながら進めていきます

 IMG_2626_2.jpg 
  紙に簡単な配置図をかいて、ケースに組み込んでいきます

 IMG_2720.jpg
  内部の様子

 IMG_2637.jpg
  実際に装置を作動させ、時間の目盛りを記入していきます

 IMG_2638.jpg
 
 IMG_2639.jpg
  時計を見ながら根気よく続けていきます。

 IMG_5430.jpg
  待機状態 赤のネオンランプが点灯しています 
  つまみを希望する時間に回します

 IMG_5436.jpg
  左側のスイッチを下に入れると緑色のネオンランプが点灯し、電流計が右に振れるのを確認します

 IMG_5441.jpg
  左右のスイッチ上に入れます ここから時限回路が働き、タイマースタートします

 IMG_5445.jpg
  時間が経過するにしたがって電流計が0の目盛りに近づいていきます

 IMG_5448.jpg
 時間がきて緑ランプが消灯し、ブザーが鳴って知らせます
  
 この時限装置をキッチンタイマーとして毎日使っていますが、故障することなく働いています。
 特に、ゆで卵などをつくるときに重宝しています。

 そして、先月放送された「龍の歯医者」がNHK、BSプレミアムにて再放送されます。
 前編、後編つづけて3月20日(月)午後4:15〜
ryunohaisya.jpg
 公式サイト
http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/#
 前回見逃してしまったという方はぜひご覧ください。
 Amazonプライムでも前後編視聴できます。

2077173_201608220325008001471855802c.jpg
 また、来週3月21日(火)は「ACCA13区監察課」11話放送です。
最終話に向けてますます盛り上がっていきますので是非お楽しみに!

 公式サイト http://acca-anime.com/


posted by パブロ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(今井)

2017年03月10日

見逃した方必見!

こんにちは、伊藤です。

先月放送された「龍の歯医者」が
NHK、BSプレミアムにて再放送されるようです!
前編、後編つづけて3月20日(月)午後4:15〜
ryunohaisya.jpg
公式サイト
http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/#
前回見逃してしまったという方はぜひご覧ください。
また、Amazonプライムでも前後編視聴できます。


去年の年末ごろから龍の歯医者の制作に
携わらせていただきましたが、美術監督の藤井さんの補佐(のような)
仕事や、初めて打ち合わせに参加したりと貴重な経験が多い作品でした。

過去に藤井さんも制作についてのブログを書いていますので
そちらも読んでみてください!
↓リンク
http://pablo.sblo.jp/article/0.html

背景を全て出し切ったお祝いに焼肉屋で打ち上げをしたり
IMG_0180 のコピー.jpg

社内で白箱(完成した映像)の鑑賞会もしました!
IMG_0276 (1).jpg
IMG_0277.jpg

私の分の白箱も頂きましたよ♪制作会社さん太っ腹です!
IMG_0296.jpg

私の周りでも「見たよ〜!」などコメントや感想をもらえて
やはりこういう反応があるのは励みになりますね・・・


そして現在作業中のACCAは残り話数わずかとなりましたので、
ラストスパート制作がんばります!!
 


posted by パブロ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(伊藤)

2017年03月02日

ねこのしっぽをもとめて。

 はじめまして、今年2月よりパブロでアルバイトとしてお世話になっております、杉本です。
一か月とまだ不慣れですが、知識豊富で優しい社員さんや先輩方に教わりながら少しずつでも
慣れていければと思います。

パブロで初めてお手伝いさせていただいたのが、最終回まで折り返しを過ぎ
ますます続きが気になる「ACCA13区監視課」でした。
キャラクターのいない背景だけを拝見するのはとても不思議な気分になります。
パブロの皆様が描かれるACCAの独特なタッチの背景はずっと眺めていたくなってしまいます。

 ブログを初担当させていただきましたが、あまりアクティブに行動するタイプではないので、
ネタが・・・、ネタがっ!
他のアルバイトさんのブログを読ませていただいて、「す、すごい・・・・。」と白目をむいております。

securedownload.jpg
最近ではないのですが去年の11月に、すこーしだけ足をのばして「谷中ぎんざ」を散歩してきました。
七五三が近かった為かおめかしをしたお子さん連れの家族や観光客が一杯で
ちょっと移動しようとするだけでも一苦労でしたww

谷中といえば猫が多いことで知られていますが、そんな猫のしっぽをモチーフにした
ドーナツが食べられるという「やなかしっぽ」さんの焼きドーナツが今回のお目当てです!

見た目もかわいささることながら、種類も豊富で持ち帰りで家でレンジで温めると絶品です、
そのままでももちろんおいしいです!

いろいろな種類のねこのしっぽがありましたが
securedownload (1).jpg
谷中に行かれるのであれば、ぜひ!トラがおすすめです。
(確か一番人気だったかと・・・・曖昧ですが。)

3月になり、そろそろ暖かくなってもよいのではないかと思いながら
上着を3枚重ねないと外出できない私です。

イベント事で外出される方も多いかと思いますが、暖かい装いでご自愛ください。


posted by パブロ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月25日

ACCAに出てくる食べ物の話

こんにちは。
最近新人さんが増え、また賑やかになったパブロから藤野がお送りします。


ここのところ私は引き続き、ACCA13区監察課をもりもりと作業中です。

いつも放送が終わると、どうしても"ACCA"とか"ACCA 背景"等でエゴサーチをしてしまうのですが
ACCAの感想では

”食べ物がおいしそう!!!”

というものを本当によく見ます。そしてすごく共感します。
原作も勿論ですが、アニメの食べ物もいつも本当に美味しそうで、よだれを垂らしながら見ています。

私はこのACCAの美味しい食べ物たちに影響を受けすぎていて
ことある毎に出てくる美味しそうな食パンを見て、休日は近所のパン屋さんをハシゴしています。

キャプチャe.jpg


#6でハレ区の南国料理が出てきたときは我慢が出来ずその日はタイ料理を食べに行きました。

キャプチャ4.jpg

キャプチャ3.jpg

こんなことばかりしているので体重が3kg増えました。


ですが、社内では私以外にもACCAが始まってからパンを食べている人が明らかに増えています!パンの差し入れも増えました。


こんな恐ろしい影響力を持つACCAの美味しそうな食べ物たちですが
ACCAに出てくる食べ物は背景美術ではなく作画さん作業の場合が多いです。
小さく映るときは背景描きのこともありますが、見せ場として大きく映るときはセル描きの場合が多いです。
作画さんが線を描き、色彩さんが色を塗って
更に撮影さんが特効処理を入れて、あの美味しそうな食べ物たちが出来上がっています。

これくらいですと背景描きです。

aca07_064.jpg

こちらは奥に焦点があっているカットなので、ボケることを前提に背景美術で描きました。

aca07_066.jpg

ですが!!
この間珍しく、がっつりと背景描きの食べ物の発注があったのです!!!

やったーと思いながら食べ物大好きな藤野が作業をしました。


aca07_076.jpg

aca07_077.jpg


#7でロッタちゃんが雪の玉の夢を見ているシーンです。

描いているうちに、これどんな味かな?美味しいもの食べ歩いてるロッタちゃんがこんなに欲しがるって
相当に美味しいんじゃないか?と思い始めました。

こちらの食べ物は作中では"雪の玉"という名前ですが
作業をしているうちに"shhneeballen"というドイツの郷土菓子がモデルになっているということが分かりました。

運よくその作業をした数日後にバレンタインデーというイベントがありました。
これは!と思いました。

夜な夜な東京で買える店を探し、一軒のみ取り扱っているお店を発見しました!
そしてゲットしてきました!

それがこちらです!

雪の玉.jpg

雪の玉タワー!!!
生クリームつきです。

お味の感想ですが、本当に本当に美味しいお菓子でした。揚げ菓子なのですが、雪のように軽い食感でした。
ACCAを見て、雪の玉が気になっている方は行くべしだと思います。

ツッカベッカライカヌヤマさんという赤坂のお店です。


ACCAではこの後も美味しい食べ物がどんどんと出てきます。展開もどんどん面白くなっていきます。
残すところ5話数、背景もラストラン頑張ります!引き続きよろしくお願いします。

 

posted by パブロ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(藤野)

2017年02月18日

毎日ACCA三昧

こんにちは。石田です。

絶賛ACCA13区観察課の作業中です!
怒涛の毎日ですがあれよあれよという間に半分を越えました。
このまま最後まで無事に突っ走れることを願うばかりです…。

今回はACCA特有の表現方法をご紹介致します!

美術監督の吉岡さんがACCAの世界観に合う絵柄を工夫を重ねて考えてくれました。

まず、一番重要なのが線画です。
前回吉岡さんから紹介があった通り、丸ペン、Gペンを使用しています。
この線をきっちりとかっこよく描くのが最大のポイントです。
しかし、慣れるまでが本当に大変で、滲んだり擦ってしまったり、線に抑揚をつけての表現など難しいのなんの…。
漫画家さんはすごいなあと実感いたしました。
でもアナログでしかできない味のある線が生まれます。

そして線と背景の塗りと別にしてることにより、独特の面白い表現になることもありましたよ。
美術監督さんが気に入ってくれたのはこちらのドーワー宮殿の大広間と、スイツ区の夜の街灯に照らされた枯れ木です。
048.jpg
aca03_238E59D82-thumbnail2.jpg
134.jpg
aca04_177_179E69DBE-thumbnail2.jpg
この装飾や、光に照らされた枝を一枚絵として描くのはなかなか大変ですが、線としてシルエットにした事で光が当たってるように塗りわけが出来るようになりました。自分でもお気に入りのシーンです。


それと、ACCA特有でよく使用する表現のひとつがボケ背景です。

通常ですと撮影さんにお願いしてデジタルでぼかしてもらうところ、絵の具で筆のタッチを残したボケを作っています。

aca01_232-thumbnail2.jpg

画面を一括してぼかすのが普通のやり方ですが、絵の具のにじみによってボケを作るので、より味のある画面になってくれればという狙いがあります。
背景だけだとものたりなく見えてしまい不安になるのですが、キャラが乗ると綺麗に空間ボケになってくれます。
blog2-thumbnail2.png

描きこみ要素がないので簡単そうに見えるかと思いますが、画用紙が濡れている間に仕上げなくてはならないので、なかなか難しいのです。

こちらはデータでぼかしを作っていますが、ちゃんと筆で描いたようなぼかし方にしています。
ボケの幅も自分で調整ができるので、どのくらいの見え方にするかも考えながら描きました。

aca02_080E59C9F-thumbnail2.jpg
aca02_080E59C9F2-thumbnail2.jpg
blog4-thumbnail2.jpg


はじめは探り探りで描いていたスタッフ一同ですが、だんだんこの絵柄にも慣れてきたところです。
お話も盛り上がってきているので、ますます楽しんで貰えるよう私たちも全力で取り組もうと思います!

ACCA13区観察課公式サイト
http://acca-anime.com/

posted by パブロ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(石田)