2017年10月14日

2017 F-1

こんにちは嶋田です。

今年も鈴鹿に、F-1を見に行ってきました。

最寄の駅に到着。
11.jpg
東京駅から3時間程で着いてしまいます。

そしてメインゲート。
9.jpg
実際は別のゲートから入ったので、写真は帰りに撮ったものです。

今年の座席は、逆バンクコーナーの正面辺りでした。
17.jpg
S字コーナーの立ち上がりから、ダンロップコーナーの飛び込みまで見れます。

予選が終わった後には、現役,OB含むドライバーや関係者のトークショーが、見れました。
12.jpg
予選の直後なので、うまくいったドライバーなどはテンション高めでした。

決勝当日は天気も良く、スタート前には、レジェンドマシンのデモ走行もありました。
14.jpg
このマシン、実はシートベルトが無いんです。

その当時のレギュレーションだからでしょうが、ドライバーのなんと勇敢なこと。


今年も友人のテントで宿泊。
13.jpg

撤収でもたもたしてたら、レンタル以外は残ってなく、ほぼ最後。
8.jpg

帰り道には、かろうじて富士山が見れました。
3.jpg


今年のF-1は、予選で久々にコースレコードがでたり、決勝でも1位と2位の差が1,2秒と
とてもエキサイティングなレースでした。


そしていよいよ来月早々に「はいからさんが通る 前編」が公開されます。

topimg_pc.png

最近新しいPVが公開されましたが、少尉と紅緒が木の上で並んで座っているシーンなどを担当しました。
11月11日(土)公開です、詳しくはホームページをご覧ください。
http://haikarasan.net/


posted by パブロ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2017年10月07日

ReLIFE@おおいたプロジェクト

こんにちは、座間です。

美術で関わっているアニメ『ReLIFE』の
展示イベントが大分県立美術館で10/9(月)まで開催中です。

ooitaReLIFE.jpg



ロケハン写真、美術設定、高画質プリントのハーモニーイラストの展示
教室の座席も再現されています。

上記のツイートにも書かれていますが
物語の中で主人公の海崎君が通う高校が大分上野丘高校をモデルにしています。

ということで、私も数年前はるばる大分までロケハンに行きました。
(とても懐かしい写真です。)

大分_IMGP3673.JPG


こちらがアニメの学校で
正門.jpg

こちらが実際のロケハン写真です。
00015849_05.jpg

正門前_z_0434.jpg

校門と三角屋根を構図に収めようとしましたが上手くいかず。
アニメではだいぶ位置をずらしています。

原作者の夜宵草先生の母校ということで
先生と一緒に校内を回りました。
学生時代の思い出を聞きながら楽しくロケハンをしました。

原作でも当時の記憶を頼りに学校内をモデルにされているそうです。
事前に場所ごとに原作のキャプチャまとめておいたのですが
キャプチャ.jpg

所々再現されている箇所があり、夜宵草先生の記憶力にびっくりしました。

この珍しい形の食堂の椅子なんて、そのままでした。
食堂・内_a_0047.JPG
アニメでも登場しているのでぜひ探してみてくださいね。

他にロケハンをしていてリアルだなと思ったのは学校の掲示物です。
学校の掲示物なんて安易に何かのプリントとか時間割とか味気のないものを思い付いてしまいますが
生徒作品_z_0204.JPG

実際の掲示物って生徒さんの工夫が色々あって楽しいですよね。

そんなわけで
アニメ『ReLIFE』も”完結編”がBlu-ray&DVDで2018年3月に発売です。
まだ発売は先ですが、それまでまた面白いイベントがあるといいなと思っています。



posted by パブロ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(座間)

2017年09月30日

すっかり秋です

お久しぶりです。齋藤です!
入社してから早くも半年が経ちました。この間まで暑かったのに出社時に自転車に乗っているとどこからか金木犀の香りがしてきて秋が来たなぁ、と感じています。

先日、『女川中バスケ部5人の夏』にて初めてクレジットに名前が載りました!自分は数日間しか作業していなかったので十数カットだけでしたが実際に自分が描いた背景が流れると嬉しかったです。。おもわずエンドロールを写真撮ってしまいました!

IMG_3313.JPG

こうして名前が載っているのをみると自分もプロになったんだと実感します。。

話は変わりますが来年の4月放送予定の作品に参加するためにマルシンに引っ越しをしました。8階からの眺めは最高で写真も何枚か撮ったので紹介していきます。

IMG_3572.JPG

IMG_3443.JPG

IMG_3459.JPG

IMG_3575.JPG

IMG_3446.JPG

いい風が入ってくるので気持ち良く作品作りにも専念しております!
では今回はこの辺で失礼します!



posted by パブロ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(齋藤)

2017年09月22日

パンパロパン!ブログ台風がやってきてスッパッパ!

●9月19日(火)都内荻窪 スタジオパブロにて
ラクガキ - スケッチ 2.jpg



どうもこんにちわ。川久保です。

毎度のことながらブログを書くのが苦手系社会人です。
今目の前でこの台風ブログ号が私にブログを書けと言ってきています。

気づいたら自分の当番になっていたようで、
何も考えていなかった私は連休明けに心臓止まって休むところでした。

イラストも描いて載せたし今日ここまでで良いですかね……? あ、ダメですか……そうですか……。




あ、あれ?



もしかして君、パブロ君じゃ無い……?



ま、まさかあなたはかの有名な青いネコ型ロボット……?!
そしてそのポケットから出した秘密道具はまさか……



『まだ宣伝していない最近やらせていただいた作品』ッ……!!




というわけで、
今自分はいろんな作品に少しずつお手伝いとして参加しているのですが
その中で先日とうとう公開致しました

ウメ星デンカ&ドラえもん『パンパロパンのスッパッパ!』」!


現在藤子・F・不二雄ミュージアム内の小劇場ことFシアターにて上映されております!
デンカ達の世間ズレしてるけどどこか憎めないお話がとてもコミカルで可愛らしい作品です(*^^*)

denka04.jpg
出展:藤子・F・不二雄ミュージアム http://fujiko-museum.com


私はこのお仕事でウメ星デンカを初めて知ったのですが……
かわいいですね!デンカも女王様と王様もかわいい!ぷぷっと笑えるたのしいファミリーでほっこりします。
BGもデフォルメされたイラストチックなBGとなっております。

自分はデンカ達の部屋をやらせてもらいました!
DSC_0574.JPG


実はまだ完成品を見ていないのですが、
テロップが流れるOP&EDでしょうか、チンプイやポコニャンなど歴代Fキャラクターが出てくるらしいではないですか!
せっかくなのでお客さんとしてミュージアムで楽しみたいと思います!





あ、書けた!ブログ書けたよドラえもん〜!!





posted by パブロ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(川久保)

2017年09月17日

都心周辺の小水路に棲む生き物

 こんにちは、今井です。
この半年あまり私は短編の作品を手伝いつつ
「はいからさんが通る前編」の背景美術制作に参加していました。背景美術の作業はほぼ終了していますが現在は全体作業の調整中です。11月に公開になりますのでお楽しみに!

topimg_pc.png
http://haikarasan.net/

さて今回のブログはさかな通信になります。
都心周辺の水辺を生活の場にしている魚や生き物たち、そして、それらの魚たちを手軽に観察、採集できる、やさしい釣りを紹介します。 

 東京都心周辺には、いくつもの小水路が人工河川や運河、港などの間を通っており、様々な生き物が生息しています。水路沿いに緑道や公園になっているところも多く、中には、親水公園もあり、浅場にアシが生えていて、小魚や小さな生き物たちの楽園のようになっているところがあり、とてもいい観察場所です。
 海が近いので、潮の干満の影響を受け、汽水でもやや淡水よりです。そのため、マハゼ、ウロハゼ、チチブ、ボラ、セイゴ(スズキの幼魚)、カイズ(クロダイの幼魚)、などの汽水魚が中心になります。
 
 IMG_3332.jpg
 
 IMG_3333.jpg
 アシが群生し浅場が広がっているところは、多くの種類の小魚の生育場になっています。

 IMG_3361.jpg
 ボラの幼魚 網で採集したもの
 
 IMG_2752.jpg
 
 IMG_2777.jpg

 IMG_2782.jpg
 アベハゼ4cm 釣ったもの 3,4年ほど飼育しています。マハゼやチチブも同じくらいの大きさで、一緒に飼っていましたが大きく成長して2年ほどで死んでしまいましたが、アベハゼはほとんどこのままのおおきさです。

 IMG_0177.jpg

 IMG_0179.jpg

 IMG_0022_2.jpg

 IMG_0025_2.jpg
 チチブ7cm 釣ったもの
 
 IMG_3027.jpg

 IMG_2983.jpg

 IMG_2948.jpg

 IMG_2859.jpg
 ウロハゼ15cm 身を隠せる石が沈んでいる所などにいます。大きいものは20cmを超え、小魚を丸呑みにします。

 
 
 手のひらサイズ(5~10cm)くらいの小魚が多いですから、小物用のやわらかい短めの竿があれば十分です。釣り糸は1号以下、かみつぶしおもり、釣り針は袖3〜5号くらい できれば、かえしのない、スレ針がよく、掛かった魚を簡単に外せます。えさは細いミミズなど釣具店に売っています。スーパーなどに売っているむきえび、あさりの剥き身も手軽でよいかも知れません。
魚のいそうな所 護岸の際の水底あたりを探って生きます。魚がいれば、引っ張るような感覚が手に伝わってくるはずです。タイミングよく軽く竿をあおると、えさの付いた針をくわえた魚の口に針が掛かり、釣れます。
足元から水面まで高い所もありますので、小さめのロープ付きの折りたたみバケツで水を汲み、観察用の小さい水槽を使って採集した生き物を観察します。
これらの魚以外にも水鳥やギンヤンマ、テナガエビ、シマハゼ、アベハゼなどの姿もみられました。
 感動したのは、カイズ(クロダイの幼魚)を確認できたことです。
 
 地下鉄などを使って手軽にこのような生き物を見られるのはうれしいものです。