2018年05月18日

劇場ドラえもん打ち上げ

こんにちは!村上です。

先日、弊社で美術を担当した「ドラえもん のび太の宝島」の打ち上げについて書きたいと思います。
33.jpg

今回自分が一番驚いたことは、会場に入ってすぐのところに
ドラえもんの二分の一サイズの人形がお出迎えしてくれたことです!
DSC_1255.jpg

凄い精巧に作られていて、360°どこを見てもどらえもんが現実に存在する!という感じがしました。
こちらは最後のビンゴ大会の時に景品にもなりました。
当たった人が羨ましい!!

しかし今回、普段くじ運の悪い僕ですがビンゴにあたったのです…!
DSC_1252.jpg
なんと、ドラえもんのぬいぐるみが当たりました!
男性にはちょっと似合わないかもしれない
ピンク色のどらえもんですが、大事に家に飾らさせていただいてます!


posted by パブロ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(村上)

2017年12月16日

品川神社


こんにちは村上です。
寒い日が続く中、皆さんはお元気でしょうか?

パブロが美術を担当した劇場版「はいからさんが通る 前編 -紅緒、花の17歳-」が公開中です。
topimg_pc2 copy.JPG

はいからさんでは、自分も参加しているので、ぜひ劇場でご覧ください!

自分は以前のブログで書いた和室の他に冗談社や品川神社などの色んなシーンを描かせていただきました。

そのなかでも品川神社の狛犬がでてくるシーンを描くのに苦労しました。

DSC_0140.jpg
DSC_0037.jpg

狛犬はよく見ると結構凸凹していて,ディティールも凝っていて、並んでいる二匹の表情が違いますよね!
最初はネットで上がっている写真を参考にして想像して描いていましたが、これまた難しい!!

しかし、品川神社の狛犬を実際に見に行って触って、写真をとると想像だけで描くよりも随分と描きやすくなりました。

実際に見て触ることがとても大事ですね!!



posted by パブロ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(村上)

2017年06月30日

障子の見え方

こんにちは村上です。

雨が降り続きじめっとした天気が続く中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ただいま、パブロでは劇場アニメ「はいからさんが通る」を絶賛作業中です。
topimg_sp.png
http://haikarasan.net/

「はいからさんが通る」は舞台が大正時代なのは皆さんはご存知でしょうか?
大正時代を舞台にしているので、建物や町並みに和風建築が多いです。
その関係で、自分が担当するカットの場所の中には和室がたくさんあったりします。

この記事で、和室をたくさん描く中で自分がひとつ気づいたことをお伝えできればと思います。

和室といえば障子がありますが、よく見ると障子の組子(内側の枠)の太さはすごく細いですね!
atumi1.jpg
障子をそれらしく描く上で、とても気をつけないといけないことです。

しかし、少し見る角度を変えると組子の厚みが見えてきて、ぱっと見で先ほどより
太くなったように見えます。
atumi2.jpg

角度によっていろんな表情を見せるのはとても面白いなって感じました。

皆さんも絵をかくときに描くものをよく観察してみると、角度によって新たな発見があるかもしれませんね!

 
posted by パブロ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(村上)

2017年01月12日

「マジきゅんっ!ルネッサンス」のオープニングを担当して

こんにちは。村上です。
新年あけましておめでとうございます。

今日、パブロでは鏡開きをしました。
s_DSC_0003RR.jpg
飾ってあるお餅をおしるこにしていただきました。
s_DSC_0006RR.jpg
お餅とあんこが絡み合って非常においしかったです!!

さて僕は去年、色んな作品に関わらせて頂きました。
なかでも特に印象的だったのは「マジきゅんっ!ルネッサンス」でOPカットを描かせて頂いたことです。

s_1467979735_1_1_16024271d3eb989fdbec9d409b88758e.jpg

マジきゅんっ!ルネッサンス http://www.magic-kyun.jp/

登場キャラクター達やストーリーも明るい学園物です。
舞台は東京ですが森に囲まれた学園はスペインの建築を意識したデザインになっています。

楽しい雰囲気の作品なので背景美術の方も賑やかに色数多く彩度も高く描いています。
学園の窓やイメージシーンでステンドグラスを多用していることもあり
オープニングはキャラも含めてステンドグラス調カットが主体になっています。
 
通常の背景画もありましたが僕が担当したのはステンドグラス調の背景画です。 
キャラクターによって背景の色やデザインを変えたり
前後で対比するカットにはそれを強調するために
暖色と寒色、曲線と直線、明と暗
といった具合に要素を対比させて描きました。

s_matome (1).jpg

s_mgkop_008.jpg

s_mgkop_026_R.jpg

s_mgkop_025_RR.jpg


担当したカットの中でも特にラストカットが思い入れ深いです。
作業工程としては、まず原図(こうして描いて下さいという指示書)を頂きます。
s_genzu.jpg
この原図をもとにして、線画に起こしデザインを紙の上で詰めていきます。
s_sen01.jpg

絵コンテ上に演出さんが塗られた色のイメージを元に
デジタル上でステンドグラス風に色を配置していきました。

それがこちらです。
s_bg1.jpg
s_bg2.jpg

最初にたたき台として2パターンを作りました。
演出さんチェックを受けて方向性が定まり
何度かテイクを重ねた結果、OKになった背景がこちらです。
s_bg3.jpg

OPで、何回も目にする機会があるカットだったので、力を入れてやりました。
その結果、いいものになったと思います。


また今年も見せ場のカットを出来るように頑張りたいと思います!




posted by パブロ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(村上)

2016年08月20日

お盆休み

こんにちは、村上です。

pabloに入社してから半年が過ぎて、
その半年の中でもいろんな作品に携わると、時間があっという間に過ぎていくように感じます。

その中でも、携わらさせていただいた作品の「ReLIFE」が
毎週金曜の夜12時より絶賛放送中です!!

先週、私はお盆休みを頂き、地元へお墓参りにいきました。
お墓は祖父の家から車で10分くらいの、見渡すばかりの山に囲まれている所にあります。
DSC_0361.jpg

東京のコンクリートジャングルに囲まれてくらしていると、見慣れた地元の風景が新鮮に
感じます。
DSC_0280.jpgDSC_0204.jpg

パシャパシャっと、いずれこういう田舎の風景が出てきたときのために参考資料として画像を
集めるのも仕事のうちです!
DSC_0301.jpg

DSC_0391.jpg
いつか、こういう風景を仕事で描いてみたいな〜。


お墓参りより、写真集めがメインとなってしまいました。
皆さんも写真の取りすぎにはお気をつけて!


posted by パブロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(村上)