2017年10月14日

2017 F-1

こんにちは嶋田です。

今年も鈴鹿に、F-1を見に行ってきました。

最寄の駅に到着。
11.jpg
東京駅から3時間程で着いてしまいます。

そしてメインゲート。
9.jpg
実際は別のゲートから入ったので、写真は帰りに撮ったものです。

今年の座席は、逆バンクコーナーの正面辺りでした。
17.jpg
S字コーナーの立ち上がりから、ダンロップコーナーの飛び込みまで見れます。

予選が終わった後には、現役,OB含むドライバーや関係者のトークショーが、見れました。
12.jpg
予選の直後なので、うまくいったドライバーなどはテンション高めでした。

決勝当日は天気も良く、スタート前には、レジェンドマシンのデモ走行もありました。
14.jpg
このマシン、実はシートベルトが無いんです。

その当時のレギュレーションだからでしょうが、ドライバーのなんと勇敢なこと。


今年も友人のテントで宿泊。
13.jpg

撤収でもたもたしてたら、レンタル以外は残ってなく、ほぼ最後。
8.jpg

帰り道には、かろうじて富士山が見れました。
3.jpg


今年のF-1は、予選で久々にコースレコードがでたり、決勝でも1位と2位の差が1,2秒と
とてもエキサイティングなレースでした。


そしていよいよ来月早々に「はいからさんが通る 前編」が公開されます。

topimg_pc.png

最近新しいPVが公開されましたが、少尉と紅緒が木の上で並んで座っているシーンなどを担当しました。
11月11日(土)公開です、詳しくはホームページをご覧ください。
http://haikarasan.net/


posted by パブロ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2017年05月02日

洋館めぐり

最近めっきり暖かくなってきて、山道の凍結の心配も無くなり
ツーリングに向かうバイクも、たくさん見かける様になって来ました。

こんにちは、嶋田です。

先日は、社員旅行で北海道の函館に行ってきました。

市内の移動は、もっぱら路面電車でした。
RIMG0018.JPG
この車両は、カラフルでとても可愛いデザインですね。

初日は晴れて、夜に函館山から見た夜景はとてもきれいだったのですが、2日目は生憎の雨でした。

そんな雨にも負けず、元町の洋館めぐりをしてきました。

まずは、旧函館区公会堂。
RIMG0165.JPG
洋館の資料などを見ながら、1度は訪れたいと思っていた建物です。

秋には改修工事の為、閉館してしまうらしいので、見られて良かったです。

2階には、大広間が。
RIMG0214.JPG
130坪もの広さと豪華できれいな様子は、圧巻でした。

部屋の一つ一つから階段や廊下に至るまで、思わず「本物だぁ〜」と言いたくなるような
つくりでした。(あたりまえなんですが)
RIMG0228.JPG

階段の腰板が、手すり側と同じ意匠になってることにも感動しました。
RIMG0204.JPG
しかし、いつの間にやら旅行なのに、まるで取材写真ような撮り方になっているのが
少し悲しい。

続いて行ったのは、旧イギリス領事館。
RIMG0264.JPG

ここでは、アフタヌーンティーも楽しみました。
RIMG0294.JPG

またしても取材写真のように撮りながら、そのディテールに感動。
RIMG0288.JPG

その後は、付近の坂を上り下りしながら、いくつもの洋館を堪能しました。
RIMG0305.JPG

RIMG0309.JPG

この辺りを舞台にした作品にはいくつか関わらせていただいたのですが、
こうして実際に訪れることが出来て、大変感動しました。




posted by パブロ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2016年11月05日

紅葉

こんにちは嶋田です。

私は仕事柄、よく空の写真を撮るのですが
今年は夏の終わりから秋にかけて悪天候が続いた為でしょうか
ダイナミックな空に出会う機会が多かった気がします。

RIMG1929.JPG



この写真は今年のF-1決勝日の様子です。 まるで背景画に出てきそうな空でした。
今にも降りそうな天気でしたが雨は降らず、レースを違った意味で盛り上げました。

RIMG2064.JPG

レース終了後には、雲の間に切れ間も・・・。アニメの演出のようでした。

RIMG2211.JPG

サーキットから帰る頃には、きれいな夕日が差していました。

RIMG2241.JPG




ところで関東もすっかり紅葉の季節になりましたね。

都心のイチョウはこれから見頃になると思いますが
山の方ではもう終わりかけの所も有るようですね。
 
ここで突然ですが昨年見に行った紅葉のご紹介などを・・・。

長瀞に紅葉のライトアップを見にいったときの写真です。
駅までイルミネーションが続いています。

RIMG0758.JPG

駅からの道には灯篭が続いていて、ひとつひとつに子供たちの描いた絵が
貼ってあり雰囲気が良かったです。

RIMG0913.JPG

人出は多かったのですが思っていたよりも混雑する感じではありませんでした。

RIMG0818.JPG

やはり紅い葉が綺麗です。人気もありました。

RIMG0811.JPG

RIMG0826.JPG

紅葉とはちがいますが松の木も紅葉と良い感じにマッチングしていました。

RIMG0783.JPG



足元は枯れ葉でいっぱい。
放送中のフリップフラッパーズ4話でもこんな感じの地面を描きました。


RIMG0853.JPG

今年も11月の中頃からライトアップが始まるようですよ。
もし機会があれば是非足を運んでみて下さい。


posted by パブロ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2016年06月18日

東京オートサロン 2016

こんにちは、嶋田です。

パブロでは現在夏番組と秋番組と冬番組と短編と・・・
いろいろと忙しい毎日を送っています。
そうこうしているうちに今年も早いもので、もう6月です。
ですが今回は、1月に行った東京オートサロンについて書きたいと思います。

東京オートサロンは毎年1月半ば頃に開催ですが、見に行くのは今回が初めてでした。

目的は、日本初お披露目となる、トヨタのTF-1を見ることです。

RIMG1388.JPG

海外のモーターショーでは、大分以前から公開されていましたが
昨年の東京モーターショーでは展示されず、今回待望の日本初公開でした。

後ろは、こんな感じです。

RIMG1376.JPG


こちらはマツダのRX=VISIONです。
このままでは市販されないでしょうけどかなりカッコイイ。

RIMG1281.JPG

後姿もなかなかです。

RIMG1275.JPG

オートサロンでの展示はチューニングカーなどの改造車がメインです。

こちらは、ランボルギーニのアヴェンタドール。
ものすごくカッコイイのですが、会場内では溢れかえっていて
贅沢ですがありがたみがちょっと薄れたような・・・。

RIMG1403.JPG

展示車両の中にはシートに座れる車もあります。

RIMG1314.JPG

RIMG1315.JPG

ダッシュボードにはF-1パイロットの直筆サインがありました。

その他にはレーシングカーの展示も多数ありました。

こちらは、耐久レースに参加したレクサスのLF-A。
市販車を街で見かけることは殆どありませんが、此処では溢れていました。

RIMG1356.JPG

モトGPの車両も展示されていました。
こちらは、コーナーでバイクがフルバンクした状態の写真が撮れるコーナー。
昔のバイクだったらほとんどコケてる領域です。

RIMG1310.JPG
レーサーは肘を擦りながら曲がっていきます。

RIMG1262.JPG

他にもあの漫画の車だったり、F-1ドライバーのレーシングスーツが飾られていたりと
楽しい展示でした。
 
posted by パブロ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2015年12月19日

俯瞰(ふかん)を描くときに気をつけていることなど

こんにちは、嶋田です。

今年もあと2週間足らずになりましたが、
年明けから作業してきた「終わりのセラフ」もいよいよ来週最終回を迎えます。

私は2期に入ってからは、他作品との兼ね合いもあって全面的には
関われなくなってしまったのですが、そのせいもあってか、
俯瞰の引き画を任される事が多くありました。

この絵は1期のものです。 

sr08_204.jpg

引き画のときは特に、空間の広さや距離感を出すことに注意しています。

画面が平均的にならないよう、描き込み過ぎに気をつけています。

sr16_001伊.jpg

画面の隅々までまんべんなく描き込むのでは無く、ポイントとなる部分を強調し、
それ以外の部分を省略するようにしています。

sr16_033_247-1土.jpg

手前と奥の色の強さ、変化を強調するよう気をつけています。
 
画面全体のバランスを崩さないように気を配ることが大事だと思います。


この絵では、下に落ちた高架の道路の割れ目や、三角形のビルの立ち上がった感じを
強調する為に画面中央付近にポイントを作りました。

sr22_025.jpg

ビルの屋上辺りはやや描き込みますが
sr22_025bill.jpg

画面の端のほうは、少し抜き気味に描いています。sr22_025haji.jpg


セラフはベースが手描き背景なので、画用紙にレイアウトをトレスしてから描くのですが、
主だった建物や道路などをトレスするだけで、細部は直接資料等を見ながら描いていました。

トレスする線はこの位の描き込みです。あまり描き込んでいません。 

16-66jp.jpg

トレス時に大事なことは、描きはじめる前の準備段階なので、資料や画像などをよく見て
頭の中で出来るだけはっきりした完成のイメージを固めることです。
 
引き画に限らずですが、早い段階で完成画のイメージを固めることは
描き進めて行く上で迷う時間を減らし、なるべく真っ直ぐ完成に向かう為に大事です。
 
そのことが仕事の効率にもつながりますし、なによりも
絵の鮮度を落とさない結果につながります。

sr16_066.jpg

俯瞰の引いた画となると、まったく同じアングルの写真や資料がない限り
イメージを固めることは難しいですが、似たような画像を複数見て
組み合わせたり、現地に行って雰囲気を感じたりしながらイメージを固めていきます。

ちなみにこの写真は、上でご紹介した俯瞰の画を描く為、休日にサービスエリアまで行ったときのものです。
DSC_0252.jpg
 
このようにいろいろな工夫をしながらイメージを固めて描いているのでした。(^^)



posted by パブロ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)