2015年08月20日

みえるもの

こんにちは鈴木です。

暑い日が続いていますね。
写真 2015-06-28 15 10 41 (1).jpg

終わりのセラフの1期の放送が6月で終わりましたが、僕たちパブロのスタッフは10月開始の2期に向けて絶賛作業中です。
他に作業している作品もありますので、お知らせとして弊社ウェブサイトで順次告知されていくと思います。


話は変わりましてこの記事のタイトルからつながるお話を。

僕たちが日常の生活をしていく時に使っている感覚には「見る」「聞く」「触れる」が大きいものとしてあると思います。
特に目からの情報は大きなウェイトを占めています。

僕たちの仕事の「絵を描く」これも「目」「見る」というものによって成り立っています。


もし視覚があてにならないほどの暗闇の世界におかれたら。
そんな「闇」をみなさんは体験したことがありますか?
体験してみたくはありませんか?

闇の中でどんな感情でどんな行動ができるでしょう。

そんな好奇心を体験で満たしてくれるイベント。
「ダイアログ・インザ・ダーク」

セラフ1期の作業後にいただいた休みに行ってきました。

http://www.dialoginthedark.com/
ウェブサイトです。

以下はサイトからの引用による概要です。

'ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。'

1999年から各地での開催がはじまり2009年からは渋谷区神宮前の会場で常設展として体験できます。
僕は数年前とある日記形式の漫画で存在を知りずーっと気にかけていましたがふと思い出し行ってきました。


入り口です。静かな雰囲気です。
ロゴはコンセプトを表しているように見えます。

写真 2015-06-28 16 08 51.jpg


ロビーには活動の記録があります。常設から6年です。

写真 2015-06-28 16 14 54.jpg

体験する人は8人のグループで行動します。

徐々に暗い部屋へと移動してゆくのですが真っ暗にされたときは恐怖がありました。
最後は自分の手さえ見えない闇です。

数部屋をアテンドさんの誘導でレクリエーションをしたりしながらめぐります。
同行のみんなで声を出し合い部屋にあるものに触れたりしながら空間を共有し自分なりに暗闇に感覚の世界を作って行きます。

最初はみんな知らない同士ですがお互いを気遣って手をとりあい声をかけあったりしながら徐々に仲良くなり温かい空間として認識されていきます。

トータル90分のプログラムでした。
体験のすべてを書くと長くなるので割愛しますが印象に残った1部屋のことを記します。


数部屋目での「カフェ」です。

テーブルもいすもわからない中で店員さんに誘導され着席。
メニューは店員さんが口頭で伝えます。
こぶ茶。アイスティ。ビール。さまざまです。
僕はビールを選びました。おつまみがついています。
注文が決まると見えない中で会計です。
お金も大きさや手触りでどの硬貨か紙幣か割とわかるものです。

他の人が選んだ飲み物が配られます。匂いで何がやってきたかわかるものもあります。
僕が選んだビールはグラスとビンでやってきました。
自分で注いで飲むということです。
どこまで注いだかわかるようにグラスに指をいれてみたりグラスの外側の温度でわかるように集中しながら注ぎます。
飲んでみると味覚と嗅覚が際立っていつもと違う味がしました。

終わった後は興奮が続きました。
一緒に回った人たちとお話もしました。
目を開けていても閉じていても同じ、開けているのか閉じているのかわからない感覚。
みえないからこそ感じられるもの、みえるもの。
目によった仕事をしているからこそ目に頼らない体験ができてよかったです。
季節ごとに内容も変わると聞いたのでまた体験したいです。

最後に、自分用に買ったおみやげのパンフレットです。

写真 2015-07-01 7 08 29.jpg


posted by パブロ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(鈴木)

2014年10月31日

アナログ

こんにちは鈴木です。

現在はselector spread WIXOSS の背景作業が進んでいます。
登場人物も増え、謎があかされたり深まったりと今までどおり、
皆様のご期待通りの空気で物語が進んでいきます。

前回の僕のブログでカードゲームとしてのウィクロスをご紹介させていただきました。
あのブログの後も主人公るう子が使うルリグ、イオナがテーマのデッキ。
ちよりが使うルリグ、エルドラがテーマのデッキ。
ブースター2種とカードは増え続けています。


さてタイトルの「アナログ」ですが僕はゲームが好きでよく遊びますが、
ゲームにもゲーム機やパソコン、スマホで遊ぶデジタルのもの、
ウィクロスやボードゲームのように手で触って遊べるアナログのものがあります。
この「アナログ」です。

持っているものをいくつかお見せしたいと思います。

2014-10-31 11.26.58.jpg


上の大きい箱は一昨年社員旅行で行った台湾で買った中国将棋「象棋(シャンチー)」
下は誕生日にいただいた「バックギャモン」

2014-10-31 11.29.19.jpg

バックギャモンは名前は聞いたことがあるかたもいらっしゃると思いますが、
簡単に言うと二人で対戦するすごろくです。
運と戦略がからむ奥深さがあります。

2014-10-31 11.30.49.jpg

2014-10-31 11.35.32.jpg

写真の象棋(シャンチー)はお土産用なのでかなり豪華なつくりです
日本の将棋やチェスと違うコマが複数あります。
広げてみるとわくわくします。


働きだすとなかなか人が集まることも難しく
時間も作りづらくなり遊べる機会は減りますが
コレクションとしても見栄えがいいのでついつい買ってしまいます。
なにより手に持ってみんなと遊ぶ光景を想像するのが楽しいです。

次に遊べる機会はパブロ恒例の社内忘年会の時でしょう、
楽しみです。


posted by パブロ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(鈴木)

2014年07月03日

ウィクロス


こんにちは鈴木です。

先月までやっていたアニメ「selector infected WIXOSS(セレクター・インフェクテッド・ウィクロス)の作業が終わり
あれこれと先のお仕事を進めつつ休みをとっています。

さてタイトルのウィクロスですがアニメ「セレクター」で少女たちが願いをかけてプレイするカードゲームです。
商品の公式紹介はこちら http://www.takaratomy.co.jp/products/wixoss/about/index.html



実際に手に取れるカードゲームとして販売もされているわけですが、作中ではルールについて語られることはなかったです。

どんなゲームかというと、ゲーム盤面上の主役である「ルリグ」と相手「ルリグ」にむかって
仲間である「シグニ」とともにスペルカード、アーツ、ルリグ、シグニの能力で支援をしつつ攻撃をして
7つあるライフクロス(ほかのゲームのHP,ライフ相当のもの)を削り
その後ルリグに直接攻撃を通すと勝利というものです。
つまり8回攻撃が通ると勝ちです。
攻撃を受けてもそれが逆転の起点になったりと爽快感もあります。


自分はカードゲームが趣味のひとつで今までに遊戯王、マジック:ザ・ギャザリングを中心にいくつか遊んできました。
という自分なのでカードがテーマの作品で
ゲームも出るとなれば遊ぶしかないとカード発売日のお昼休みに買いに行きましたが売り切ればかりでした。
その後はネットをこまめにチェックして定価で手に入れることはできました。


売っているカードには構築済みデッキとブースターパックがあり
始めたい人は構築済みデッキの中から自分で使ってみたいものを一つ買って一緒に遊んでくれる人と対戦するといいです。
ブースターパックにはデッキを強化するカードが入っているので
遊び慣れてきたら買ってみて数枚ずつデッキの中から入れ替えて自分だけのデッキを作ってゆくわけです。


初心者は効果や用語がよくわからないと思うので公式サイトと
有志によって編集されるウィクロスwiki http://wixoss.81.la/?%A4%CF%A4%B8%A4%E1%A4%AB%A4%BF
このあたりを参考に知識をつけてゆきます。



デッキには色が設定されており戦略に違いがあります。
このあたりの違いもキャラの性格とリンクさせてあり面白さがあります。

アニメ1期でバトルしたキャラをからめてデッキを紹介します。(一部アニメのネタバレになるところは避けます

使用者:小湊 るう子
ルリグ:タマ
デッキの色と特徴:
白。サーチと相手盤面のカードを手元に戻す効果。
サーチによりキーカードを早めに手元に引き込み戦況を作って行きます。

写真 2014-07-03 15 57 39.jpg

使用者:紅林 遊月
ルリグ:花代
デッキの色と特徴:
赤。相手シグニを盤面から除去する能力。
行使するには自分の手札やライフクロスが必要だったりで激しい炎のイメージです。

写真 2014-07-03 16 04 24.jpg

使用者:蒼井 晶
ルリグ:ピルルク
デッキの色と特徴:
青。自分の手札を増やしたり相手手札を使えなくしたり相手シグニの行動を封じる効果です。
手札は重要な要素なので相手の戦略を狂わせることができます。

写真 2014-07-03 16 11 42.jpg

使用者:植村 一衣
ルリグ:緑子
デッキの色と特徴:
緑。カードを使用する際に必要なエネルギー「エナ」その置き場に置かれたカードを利用する効果。
シグニの強さを表す攻撃力兼防御力の「パワー」をコントロールする効果。
仲間に力を与えて強くなって行くイメージです。

写真 2014-07-03 16 12 13.jpg

使用者:浦添 伊緒奈
ルリグ:ウリス
デッキの色と特徴:
黒。使い終わったカードを置く「トラッシュ」に枚数が増えると強い効果を発揮するカード多数。
トラッシュは他のカードゲームでは「墓地」と呼ばれることもあり黒のイメージにマッチしています。
相手シグニのパワーを減らす効果のカードも特徴です。

写真 2014-07-03 16 17 39.jpg



このように作中とデッキをリンクさせながらアニメも楽しむことができます。
2期も確定しているアニメですので2期でどんなデッキやルリグが出てきてどんな戦い方をするのか期待しています。
所持カードたちはどんどんふえて自分も遊んで行きます。

写真 2014-07-03 16 29 00.jpg

カードは今現在手に入りにくい状況ですがぜひ遊んでみてください!



posted by パブロ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(鈴木)

2014年04月04日

かいぼり

こんにちは鈴木です。

社内ではアニメ「selector infected WIXOSS(セレクター・インフェクテッド・ウィクロス)」の作業が進んでいます。
カードゲームを軸に少女たちの願い、思いがぶつかりあう世界となっております。
昨晩4月3日の深夜を皮切りにテレビ、ネット配信でご視聴いただけます。
公式サイトトップはこちら。
http://selector-wixoss.com/


さてタイトルの「かいぼり」ですが何かというと以下の写真をまずご覧ください。

IMG_1832.JPG

IMG_1833.JPG

IMG_1836.JPG

2月22日に井の頭公園で撮影したものです。
完全に乾いてはいませんが池の水がありませんね。
スワンも土の上です。
このように池の水を抜き、外来種と在来種の選別。
水質の改善のためのごみ除去を目的に行うのが「かいぼり」です。
ひんぱんに行うことではなく珍しい光景です。

そして水が入ったと聞いて行った3月9日の光景。
水があります。
スワンも水の上。
そして池の脇にはかいぼりを説明した「かいぼり屋」さんがありました。

IMG_1857.JPG

IMG_1858.JPG

IMG_1855.JPG

何気なく知った情報でこの光景を目にすることができました。
暖かくなってきた昨今お散歩がてら井の頭公園に行くのもいいんじゃないでしょうか。

posted by パブロ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(鈴木)

2014年01月17日

帰省

こんにちは鈴木です。

社内では4月開始のテレビシリーズの作業とゲームの仕事が進んでいます。
私はキルラキルのお手伝いの仕事をしています。

先日の連休で帰省してきました。
帰省先は新潟県長岡市。
東京からぽつぽつと写真を。

吉祥寺駅
大改修中で様変わりしつつあります。
後ろにも大きなビルが建ち今年中にはきれいで新しい駅前が見られるでしょう。

IMG_1759.JPG


東京駅上越新幹線ホーム
2階建てのMAXときです。
年末年始の大混雑を予想していましたがすんなり座れました。

IMG_1761.JPG


長岡着です
越後湯沢からもう真っ白の世界です。
10分程度であっというまに暗くなります。
信号は縦並びです。雪に強いと聞きました。

張り合わせ1.jpg


実家です
除雪をしました。
地元の方言で除雪を「雪ぬけ」といいます。
庭の木には囲いがしてあります。
除雪の道具のスノーダンプと除雪機です。

張り合わせ2.jpg


祖父を訪ね寺泊です
魚介の店舗が並ぶアメヤ横丁です。
東京にも同じ名前の通りがありますね。

張り合わせ3.jpg


この後同窓会があり、皆元気そうでよかったです。


雪も多い新潟、住むには苦労も多い土地ですが季節をはっきり目で感じられるのは素晴らしいと思います。


posted by パブロ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(鈴木)