2015年07月24日

東京湾奥ライトルアーゲーム

 こんにちは、 今井です。

いつも、さかな通信をごらんいただき、ありがとうございます。
 
この間、東京湾奥の運河で、ライトルアーゲームをしてきました。
都市部ですので、気軽に行くことができ、タックル(釣り道具)も軽いのも魅力です。
 
今回は、東京湾奥のライトルアーゲームを紹介します。

 
ターゲットになる魚は、スズキ(シーバス)、ボラ、マルタウグイなどで、警戒心が薄くなる夜狙います。
夕方から現地に入って、フィールドのようすを静かに観察します。 ターゲットにしている魚の気配があるか、彼らが餌にしている小魚や小エビ、アミエビなどいるかどうか、水の色、状態、潮の流れ、障害物などもみておきます。

タックル(道具 仕掛け)は、メバル用ライトルアーゲームロッド、小型スピニングリールにライン5LBくらいのものを巻いておきます。ルアーはスプリットショットリグに、1,2インチ程度のメバル用ソフトルアーを使います。


 IMG_3265.jpg
 コノシロがきました この日はアミエビの大群が押し寄せていて、その中を銀色の魚影がみえました。

 IMG_3271.jpg 
 銀鱗にピンクやグリーンが入っていて非常にきれいです。

 IMG_3276.JPG
 大型のマルタウグイ 地味目の魚ですが、ターゲットとしては、かなり楽しませてくれます。

 IMG_3282.jpg
  魚体がやわらかく、独特な引きが楽しめます。
 
 IMG_3600.jpg
 スズキ(シーバス) 非常に引きが強く、掛かった釣り針を外そうと、えらあらい(左右に激しく振るさま)するので、スリリングなやりとりが楽しめます

 IMG_3607.jpg
 大きさは、上の魚とくらべて小さいですが、魚体がしっかりしていて厚みがあるせいか、非常によく引き、慎重にやりとりしました。

 これらのタックルで、たいていの魚を相手にすることができ、50〜60cm(時には70cm級も)の魚とわたりあうことができます。




 IMG_3548.jpg


 IMG_3549.jpg
 
 こんな夜景を眺めながら釣りを楽しめるのも、都市部の湾奥ゲームならではです。






2014年11月08日

海藻 その後

  こんにちは、今井です。
 いつも、さかな通信をご覧いただきありがとうございます。

 さて、今回は、以前紹介した海水水槽の海藻類のその後の様子を紹介します。
  
 IMG_2955.jpg

 IMG_2952.jpg
 丸い房がついているものがスリコギヅタ  ウミブドウのようです

 IMG_2819.jpg  
  

 イワヅタ類ですが、その後だいぶ様相が変わりました。
以前は、タカノハヅタが生い茂っていましたが、そのうち、ほとんど見かけなかったスリコギヅタやフサイワヅタのようなものが顔を出し始め、タカノハヅタは、枯れとけて以前のような勢いはなくなりました。
 
  IMG_3056.jpg
 
  IMG_3059.jpg
 
  IMG_3044.jpg
 現在の水槽の様子 フサイワヅタのようなものが全体を覆っています。
 左上はネンブツダイ
  
 新たに向かい入れた魚たちもいます。
 機会がありましたら、また、紹介したいと思います。



2014年07月10日

水槽の脇役たち

 こんにちは、今井です。
 いつも、さかな通信をご覧いただきありがとうございます。
 

 さて今回は、魚以外の脇役たちを紹介しようと思います。



 
  
  IMG_2915.jpg
  緑藻類 タカノハヅタ
  

  DSC00555_6.jpg
  この水槽を立ち上げて2年くらいから生えてきました。 写真は生えはじめて間もない頃の様子。

  DSC00921.jpg  
 
  IMG_2368.jpg
  このくらい茂ってくると、魚や他の生き物の隠れ家になります。
  写真はハオコゼ(上) アサヒアナハゼ(下)が実際に隠れている様子。



 
  IMG_1030.jpg
 
  IMG_1058.jpg
  小さな生き物の餌場にもなり、ヨコエビ類なども増えてきて、生物が多様化してきます。写真は突然現れた貝類。
  こうした生き物は魚たちのおやつになり、野生的な面を観察することができます。
   

  しかし、緑藻類の中には、水質変化に敏感なものもあります。
  IMG_1525.jpg
  緑藻類が枯れてシアノバクテリアにおおわれた様子


  IMG_1828.jpg
  復活の兆しを見せていますがシアノバクテリアの成長は非常に早いので、油断できません。
  おおわれてしまうと緑藻類は成長できなくなってしまいます。ヨコエビ類なども減り、生物が平面化されてしまいます。
 
  IMG_1990.jpg
  2ヵ月後、見事に成長しました。左側には、今まで見られなかったヘライワヅタが生えてきています。
  

  IMG_1665.jpg
 イソニナ 肉食性の巻貝で、魚の食べ残しや生き物の死骸を嗅ぎつけて、どこからともなくやってきて
  片付けていきます。 生きているものは襲いません。
  餌を奪われないよう必死のヤドカリ

  IMG_1676.jpg

   
  IMG_1692.jpg
  ウミニナの集団に追いつめられ、結局餌をとられてしまいます。 

  IMG_2344.jpg
  スガイ(左下) アマオブネガイ(中央下) 水槽のガラス面に付着した藻類などを食べます。
 とても丈夫な貝で何年も生きています。
 真ん中の魚はネンブツダイです。
   
  IMG_0211_2.jpg
 
  DSC00593_6.jpg
  
  こういった様子は見ているだけで楽しく、発見があります。
 相性もありますが、多種多様な生き物も一緒に飼うと、とても楽しい水槽になります。






2013年11月07日

さかなを採りにいってきました その2

 こんにちは、今井です。
 今回も、前回にひきつづき、採集してきた魚を紹介します。
 さて、今回は東京港、横浜、三浦半島にいってきました。

 アカオビシマハゼ
浅場の岸壁の底付近に多くいます。水深1~2m前後の底で釣れました。5cmくらいです。
食欲旺盛で、なんでもたくさん食べようとします。 
 
 IMG_1025.jpg
 アカオビシマハゼ
 IMG_1033.jpg
 水槽に移したばかりなので、みんなで仲良く泳いでいます。

 ドロメ
ハゼのなかまで、浅場の岩場、潮だまり、岸壁底などに生息しています。
アカオビシマハゼと同じ場所で釣りました。5cmくらいです。
生息域や、同じハゼの仲間など共通している点があるせいか、同じ水槽内では、よく、はちあわせになり、追いかけっこをはじめ、噛み合いになることもあります。小さくても、気が強い感じで、自分より大きい相手を威嚇します。
 
 IMG_1119.jpg
 ドロメ

 コスジイシモチ
やや深い、水深8mくらいの、潮通しのよい底付近で釣りました。
水槽内では、昼間は岩穴をふわふわ出たり入ったりしています。夜になり、暗くなりはじめると、
俊敏に泳ぎまわり、行動範囲を広げていきます。

 IMG_1401.jpg
 コスジイシモチ 光に照らされると非常にきれいです。
 
 IMG_1380.jpg

 IMG_1404.jpg

 イソカサゴ
潮通しのよい岩礁の奥のすきまなど、身を隠せる場所にいます。 小型のカサゴで大きくても10cm前後です。背ビレに毒があるので、注意が必要です。
水深8mくらいの障害物まわりで釣れました。7−8cmくらいです。 

 IMG_1365.jpg
 
 IMG_1309.jpg
 
 IMG_1229.jpg
 
 IMG_1335.jpg
 
 泳ぎまわることはなく岩づたいに移動する感じです。岩の裏側にヒレをうまく使って、逆さまに
はりつく姿を観察することができます。いる場所によって、体の色がみるみる変化します。
人目を気にする感じで、姿が見えても、すぐに岩の裏側に身をひそめてしまいます。
暗くなると、移動しながら獲物を待ち伏せします。

 IMG_1340.jpg
 
 IMG_1375.jpg
 狙っていた獲物をとられてしまったイソカサゴ
 
 IMG_1446.jpg
 3匹とも、同じ獲物を狙っています

 IMG_1479.jpg  


 水槽内の環境について

照明  浅瀬のようなとても明るいところ、陰になるところ、やや水深のある青みがかった明るさのところ、かなり暗いところなどをつくっています。
朝になると少しずつ明るくなり、夜になると暗くなるといった具合に、何段階かに分けて明るさが
変わるようにしています。

潮流、波  ある程度の規則性はありますが、潮流の強弱、方向などで、変化が出るようにしています。 底に映る水面のゆらぎも同時に変化します。 

海の生き物が実際に棲んでいた場所をイメージしながら、水槽内の環境を、つくっていくのは、むずかしくもあり、たのしくもあります。



 

2013年08月15日

魚を採りにいってきました



こんにちは、今井です。
いつも、さかな通信を、見ていただき、ありがとうございます。
さて、今回は、家で飼う魚たちを採りに、三浦半島の港まで行ってきましたので、
その様子を少し紹介します。

 港には、うちで飼うのにちょうどいい大きさの魚たくさんいます。
いろいろな採集法がありますが、釣ったり、網ですくったりするといいと思います。
この日はハオコゼとクツワハゼが採れました。
ハオコゼはヒレに毒を持っているので、刺されないように注意します。
 採った魚は、小さいフタ付きのバケツ(釣りに使う活きエビえさ用3リットル程度)に
入れます。時々、水を入れ換えてやります。
魚を確保したら、寄り道せずに帰ります。
 採ってきた魚は、すぐ水槽に入れず、水槽の水を少しずつ入れて、なじませていきます。
(水質や水温合わせ)

 新しく入れた魚は最初、物陰でじっとしていますが、しばらくすると動き回るようになり、
お気に入りの場所をみつけます。
 クツワハゼは、慣れるのが早く、1,2時間くらいで餌を食べるようになります。
 ハオコゼのほうは、警戒心が強く、目の前に餌があっても、なかなか食べません。

 慣れてくると上の方の岩に登ったり、行動範囲が広がり、なわばりを持つようになります。

 
 IMG_0678_3.jpg

 
 IMG_0906.jpg
 好奇心旺盛なハオコゼ 動くものを注意深くみつめます
 餌を獲るときは一瞬です

 
 IMG_0713.jpg
 
 
 IMG_0734.jpg
 色彩がきれいなクツワハゼ
 
 
 IMG_0742.jpg

 IMG_0746.jpg
 なわばり争いするクツワハゼ あいだにいるのは
 アマオブネガイです 一緒に採ってきました
 
 
 IMG_0755.jpg
 あくびしています
 

 IMG_0819_3.jpg
 ちがう種同士では、お互いにゆっくり譲り合います


 身近な魚たちのさまざまな面が観察できます。