2013年08月15日

魚を採りにいってきました



こんにちは、今井です。
いつも、さかな通信を、見ていただき、ありがとうございます。
さて、今回は、家で飼う魚たちを採りに、三浦半島の港まで行ってきましたので、
その様子を少し紹介します。

 港には、うちで飼うのにちょうどいい大きさの魚たくさんいます。
いろいろな採集法がありますが、釣ったり、網ですくったりするといいと思います。
この日はハオコゼとクツワハゼが採れました。
ハオコゼはヒレに毒を持っているので、刺されないように注意します。
 採った魚は、小さいフタ付きのバケツ(釣りに使う活きエビえさ用3リットル程度)に
入れます。時々、水を入れ換えてやります。
魚を確保したら、寄り道せずに帰ります。
 採ってきた魚は、すぐ水槽に入れず、水槽の水を少しずつ入れて、なじませていきます。
(水質や水温合わせ)

 新しく入れた魚は最初、物陰でじっとしていますが、しばらくすると動き回るようになり、
お気に入りの場所をみつけます。
 クツワハゼは、慣れるのが早く、1,2時間くらいで餌を食べるようになります。
 ハオコゼのほうは、警戒心が強く、目の前に餌があっても、なかなか食べません。

 慣れてくると上の方の岩に登ったり、行動範囲が広がり、なわばりを持つようになります。

 
 IMG_0678_3.jpg

 
 IMG_0906.jpg
 好奇心旺盛なハオコゼ 動くものを注意深くみつめます
 餌を獲るときは一瞬です

 
 IMG_0713.jpg
 
 
 IMG_0734.jpg
 色彩がきれいなクツワハゼ
 
 
 IMG_0742.jpg

 IMG_0746.jpg
 なわばり争いするクツワハゼ あいだにいるのは
 アマオブネガイです 一緒に採ってきました
 
 
 IMG_0755.jpg
 あくびしています
 

 IMG_0819_3.jpg
 ちがう種同士では、お互いにゆっくり譲り合います


 身近な魚たちのさまざまな面が観察できます。
 
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72465057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック