2012年12月28日

海のライトルアーゲーム

  こんにちは、今井です。
 いつもさかな通信を見ていただきありがとうございます。

 さて、今回は、海のライトルアーゲームを紹介します。
 ルアーロッド、リール、ルアーがあれば、軽装備で、すぐに始められ、
 場所を移動しながらの、攻めの釣りなので、勝負が早く、ちょっとした時間でも、
 楽しむことができます。

 小物の魚メインになりますが、専用のルアーロッドでのやりとりは、実にスリリングで
 ダイレクトな引き味を、体感できます。

 DSC05526.jpg
 冬にシーズンを迎えるメバル

 DSC09319.jpg
 ジグに喰いついてきたメバル

 DSC08777.jpg
 産卵期のメバル

 DSC09353.jpg
 サイズからは考えられない引きで
 特に垂直方向への突進力があります

 DSC00463.jpg
 大きいボラの引きは想像以上で 
 どこまでも走り、潜ります

 DSC00106.jpg

 DSC08773.jpg
 ムラソイ ルアーをひったくると自分の棲家に戻ろうと
 するのでヒットしたら、すかさず引き離します

 IMG_6207.jpg
 恰好のゲームフィッシュ、メッキ
 高速でルアーを追ってきます

 DSC00820.jpg
 北の漁港で  アイナメ
 
 DSC05522.jpg
 他がダメでも相手してくれるアナハゼ
 
 DSC00617.jpg
 同じくアサヒアナハゼ
 
 DSC00028.jpg
 ヒラメ
 
 DSC08343.jpg
 メジナ

 DSC05234.jpg
 マダイ

 DSC00126.jpg
 カサゴ

 DSC00711.jpg
 シマイサキ
 
 IMG_7107.jpg
 コトヒキ
 
 DSC07169_1.jpg
 ムツ 

 DSC00992.jpg
 クロダイ

 DSC00469.jpg
 イトフエフキ
  
 DSC07832_1.jpg
 ケンサキイカ

 IMG_4140.jpg
 キュウセン
 
 DSC05099.jpg
 オニカサゴ
 
 DSC00480.jpg
 フライにきたイイダコ
 
 DSC05748.jpg
 ヨロイメバル
 
 DSC00048.jpg
 ニシキハゼ
 
 DSC01100.jpg
 ササノハベラ
 
 IMG_2527.jpg
 ハオコゼ
 
 DSC00706.jpg
 トラギス
 
 IMG_4114.jpg
 ネンブツダイ
 
 IMG_4044.jpg
 クサフグ
  
 対象魚は、実に多彩で、かなりの種類の魚たちが、ルアーに反応してくれます。
 その様子を見ているだけでも、楽しいものです。

 さて、道具です。 繊細な魚のアタリが伝わり、不意の大物にも対抗できる 
 メバルロッド、 小型スピニングリール、 糸(ライン)3-5LB(ポンド)、
 1−2インチのソフトルアーに、ジグヘッド、またはスプリットショットリグなどです。
 ハリは魚をすばやくはずすため、ダメージを少なくするため、リリースを考えて
 バーブレスフック(かえしなし)を使います。
 
 タモアミ(ランディングネット)を持っていれば、大きな魚を掛けても、捕ることができます。
 
 オールシーズン、デイ、ナイト問わず、多彩な魚たちが、相手をしてくれます。

 
 
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61092542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック