2015年07月24日

東京湾奥ライトルアーゲーム

 こんにちは、 今井です。

いつも、さかな通信をごらんいただき、ありがとうございます。
 
この間、東京湾奥の運河で、ライトルアーゲームをしてきました。
都市部ですので、気軽に行くことができ、タックル(釣り道具)も軽いのも魅力です。
 
今回は、東京湾奥のライトルアーゲームを紹介します。

 
ターゲットになる魚は、スズキ(シーバス)、ボラ、マルタウグイなどで、警戒心が薄くなる夜狙います。
夕方から現地に入って、フィールドのようすを静かに観察します。 ターゲットにしている魚の気配があるか、彼らが餌にしている小魚や小エビ、アミエビなどいるかどうか、水の色、状態、潮の流れ、障害物などもみておきます。

タックル(道具 仕掛け)は、メバル用ライトルアーゲームロッド、小型スピニングリールにライン5LBくらいのものを巻いておきます。ルアーはスプリットショットリグに、1,2インチ程度のメバル用ソフトルアーを使います。


 IMG_3265.jpg
 コノシロがきました この日はアミエビの大群が押し寄せていて、その中を銀色の魚影がみえました。

 IMG_3271.jpg 
 銀鱗にピンクやグリーンが入っていて非常にきれいです。

 IMG_3276.JPG
 大型のマルタウグイ 地味目の魚ですが、ターゲットとしては、かなり楽しませてくれます。

 IMG_3282.jpg
  魚体がやわらかく、独特な引きが楽しめます。
 
 IMG_3600.jpg
 スズキ(シーバス) 非常に引きが強く、掛かった釣り針を外そうと、えらあらい(左右に激しく振るさま)するので、スリリングなやりとりが楽しめます

 IMG_3607.jpg
 大きさは、上の魚とくらべて小さいですが、魚体がしっかりしていて厚みがあるせいか、非常によく引き、慎重にやりとりしました。

 これらのタックルで、たいていの魚を相手にすることができ、50〜60cm(時には70cm級も)の魚とわたりあうことができます。




 IMG_3548.jpg


 IMG_3549.jpg
 
 こんな夜景を眺めながら釣りを楽しめるのも、都市部の湾奥ゲームならではです。






この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/156070385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック