2018年02月25日

お伊勢参り

こんにちは座間です!

ReLIFE完結編発売まで一ヶ月を切りました。(テレビ放送された13話以降のお話です。)
こちら制作は随分前に終わっているので、やっと発売されるといった感じです。表に出るのがとても楽しみです。

公式サイト

原作の方も今ちょうどクライマックスなので一読者として楽しみにしています。

さて、最近の私はというと
お休みを頂きお伊勢参りに行ってきました。
伊勢神宮はとても神聖な雰囲気の漂う素敵な場所でした。
DSC_0009.JPG
DSC_0025.JPG

今関わらせていただいている作品が良い方向で進んでいくように、ひっそりと個人的にお祈りしてきました。

私自身、毎週楽しみにしているアニメはいくつかありますが
それと同じように人の楽しみが作れると良いなと思っています(−人−)




posted by パブロ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(座間)

2018年02月17日

一年経ちました

お久しぶりです。齋藤です!
早いもので入社してから1年が経ちました!1年間で6作品に携わってきましたが、2017年はパブロが担当したテレビシリーズに参加していないので知り合いや友人から本当に仕事しているのか?と思われてるかもしれません、、笑
そんな私ですが、4月から放送のテレビシリーズを絶賛製作中なので、一年越しの!満を持して!テレビシリーズに名前が載ります!(大袈裟)
そんなこんなで毎日楽しく仕事しています笑

話は変わりますが、先日まで上野で開催されていた生頼範義展に行ってまいりました!

IMG_4447.JPG

スターウォーズが大好きな私はポスターの生原画見て感動しました…!写真のポスターは原画ではないのですが記念に撮影してきました!

IMG_4869.JPG

またインタビュー記事に提出したラフスケッチとは違うもの提出したと書いてありました。なんでも、一度描いてしまったものをまた描いても面白くないからだそうで、、普段同じ場所やシーンを何枚も何十枚も描いてる自分からしたら、そういう考えもあるのかと目から鱗でした。

他にも撮影可能エリアにあったものをいくつかあげていきます。

IMG_4871.JPG

IMG_4872.JPG

IMG_4870.JPG

今回の展示を見て、自分も色々なものを上手く描けるように沢山描いていこうと思いました!
では、今回はこの辺で失礼します!




posted by パブロ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(齋藤)

2018年02月09日

無駄が多いのでカット✄しました



いつもブログの出だしでフリーダムにテンション作ってそのテンションのまま本文をなんとなく書いておりまして
今回浮かんだのがポ○テ●ピック絵面のパブロ君だったのですが中身が無い上絵の発注をしていないのでカットしました。ご了承下さい。



というわけでこんにちわ。今季はf*te/E*TRA OPの赤セイバーがカッコよくてリピートしています、ただのアニメオタクの川久保です。

年が明け早ひと月、冬アニメが始まり久しぶりにがっつり雪が積もる昨今ですが
近年私は社内の単発仕事の担当が多く
公開まで一ヶ月を切った『映画ドラえもん のび太の宝島』やら夏放映予定の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』やら
今後発表予定の次期公開作品群には殆ど関わっていないのでした。。。



じゃあ私は何をしていたかといいますと

DSC_0679.JPG

まさかのだいーーぶ先のTVアニメお仕事の美術設定・美術ボード制作!!
初めてのアニメのベース作り!
しかも2018年1月の段階でこのタイトルに入ってるのまだ私しかいないらしい!(どういうこと??)


通常キャラクターから作っていくアニメ制作ですが、
美術から作っていきましょうという方針のもと
普段はアニメーターさんが描くレイアウト(実際にテレビ画面に映るもの)を我々背景マンが描くという計画。
アニメ制作会社さんの席をお借りして監督やアートディレクターさんと直に相談しながら世界観を作っていきます。


そこに設定関係とかほぼやったこと無いようなぺーぺーの私がポーンと一人投げ出され!

ラフ制作っぽいから気楽に〜とか思ってたけれどまさか物語の設定から関わり!

不安と緊張と「オリジナリティとは何ぞや・・・」の己の発想力の低さと戦いながら!

なんとか一先ず〜のところまで漕ぎ着けたところです!!

やったね私がんばったよ超お疲れ様じゃん!!(不安を紛らわせる自画自賛)



フゥ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(賢者タイム)







ちなみにとあるカットを一部だけお見せするとこんな感じ
1234.jpg

まだまだ発表は先になると思いますので全貌はお待ち下さい!


美術設定も兼ね備えたレイアウトなので、テレビに写るときの画面の見栄えやキャラの演技から位置を決めたり普段とは違ったアプローチになったのではないかと思います。

今回の制作は実作業に入る為のプロトタイプになるので(美術設定といいつつ、方向性を絞っただけのほぼラフ状態です)
実際放送される時には今の設定がどのくらい生きているのか現時点では分かりませんが、
制作会社に入って監督と直接やり取りをするというのは良い経験でした!

どういうアニメーションになってゆくのか、今後が楽しみです^^








posted by パブロ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(川久保)