2016年05月28日

よろしくおあがり


majikayo.jpg


まさか打ち上げ会場が立派なホテルになろうとは考えもせず、
普段使いの薄汚いスニーカーで出勤してしまったので
一度帰宅してついでに全身着替えてきた、

どうも、たまにドジを踏むカワクボです。



ブログでもたびたび取り上げられている打ち上げですが、
製作に関わった全ての部署が一同に会する大きな宴会です。

アニメ製作の打ち上げでは、メインスタッフのスピーチがあったり
立食や外部のスタッフとの交流を楽しんだりします。

後半にはくじによる抽選会が行われ、
配給会社さんやアニメ制作会社さんたちが用意した景品がゲットできるかも……!?




そして先日行って参りましたのは、
パブロで伝説の1話(笑)と2話の背景を担当しました……


テレビアニメ、おそ松さんの祝賀会(打ち上げ)!

1PSX_20160528_163703 (1).jpg

1PSX_20160528_163703 (7).JPG

会場も豪華で景品にも期待しつつ、
テンションを上げていると……

1PSX_20160528_163703 (8).JPG

1PSX_20160528_163703 (2).jpg

さっそく、エントランスで一松のお友達のエスパーニャンコがお出迎え!



ん?でも…………おや?

DSC_0292-2.jpg


なんと会場には6つ子とイヤミも出席!
会場入りする人たちを出迎えてくれました!

1PSX_20160528_163703 (4).jpg

しかもめっちゃフレンドリー!
写真のあとはがっつり握手させてもらいました〜


6つ子たちもはしゃいでいたようで、
打ち上げの最中おもいおもいに動き回っていました。

1PSX_20160528_163703 (3).jpg

1PSX_20160528_163703 (11).JPG

1PSX_20160528_163703 (12).JPG

1PSX_20160528_163703 (13).JPG

1PSX_20160528_163703 (9).JPG


写真がおそ松たちでいっぱいになってしまいました(笑


パブロは抽選で見事、キャラクターグッズセット:一松を入手!
残念ながら、私個人としては外れてしまったのですが……

1PSX_20160528_163703 (6).jpg

グッズセット獲得記念に着用したパーカーを
そのまま頂きました♪ありがとうございます!


最後はおそ松役をやった声優:櫻井さんの掛け声の下、
会場全員で一本締めならぬ『一本シェー』で閉会。


ご飯も美味しく6つ子やイヤミと写真も撮れて素敵な会でした!




まだまだ人気のおそ松さん!ますますの発展があることに期待ですね!

それでは、お粗末様でした♪





posted by パブロ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(川久保)

2016年05月21日

荻窪の公園

こんにちは。
アルバイトの山本です。

今日は私の思い出の公園をご紹介します。

5月になり、日差しが強くなってきましたね。
天気がいい日はお散歩日和ということで、私は今日、パブロのアルバイトに来る前に、パブロのある荻窪をお散歩してきました。

今日のお散歩には目的地があります。
私は高校生の時、荻窪駅から学校まで歩いて通学していました。今日は通学路にあった思い出の公園に行ってみようと思います。


荻窪駅を出て、素敵なお店があるすずらん通りを抜けます。

環八通りを渡り、セブンイレブンのある坂道を登ります。まっすぐ歩くこと10分。


杉並区立 荻窪第一児童遊園につきました。kouenn.png

私がこの公園に来たかっのは、この鉄棒を見たかったからです。
無題1.png
高校時代、私は体操部に入っていたのですが、はじめは逆上がりも出来ない状態でした。学校では毎日鉄棒が出来るわけではなかったので、通学する時や、練習帰りの夕方に、この公園の鉄棒で練習をしていました。

今日は思い出の公園に来て、高校時代のことをいろいろ思い出しました。

また、4年ぶりで忘れていたのですが、記憶以上にかわいらしい公園でした。
クマ、ブタ、イヌ、ネコがいました。
kuma.png

DSC_0900.JPG

inu.png

neko.png


当時はあまり気に留めていなかった動物たちに、とても癒されました。


良い気分転換ができたので、今日もアルバイトの仕事を頑張ります。



posted by パブロ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月13日

新しく加わった魚たち

 こんにちは、今井です。

 いつもさかな通信をごらんいただき、ありがとうございます。
 さて、今回は、水槽に新たに加わった魚を紹介します。



 
 IMG_4539.jpg
 ヨロイメバル 11cm  小さな漁港の岸壁下2m前後の底付近で釣れました。

 IMG_4526.jpg

 IMG_4518.jpg

 IMG_4590.jpg 
 獲物を捕らえすばやく反転しているところ


 IMG_4680.jpg  
 ゆっくり移動する巻貝(スガイ)をじっと見ています。

 IMG_4722.jpg  
 イワヅタの隙間から覗いているところ


 メバルという名前がついていますが、カサゴやソイのなかまに近い感じがします。
体の色は渋く全体的に重量感があり、中層を泳ぐのがあまりうまくなく、長い間浮いて泳いでいられず、ヒレの動きを止めると、落ちていきます。
しかし、底付近では、ヒレをうまく使って底を這い回るように、すばやく移動します。
上をよく見ているので、水面に浮いている餌に反応がよく、水しぶきをあげ、餌と一緒に空気まで食べてすばやく戻っていきます。 獲物を見つけたときの突進力は、他の魚を圧倒します。
 
 
 IMG_4582.jpg
 メバル 7cm 水深3m前後の岸際で釣れました。おとなしい性質で、やや臆病です。

  
 IMG_4451.jpg

 IMG_4490.jpg
 
 IMG_4492.jpg

 IMG_4491.jpg

 IMG_4583.jpg
 奥中央にキュウセン その下にヨロイメバル 

  

 海藻の近くでふわふわ泳いでいて、上のほうを気にしている感じです。
自分より上にいる獲物に対してよく反応し、水面に浮いている金魚の餌や乾燥したアミエビなど、上手に食べます。
ヨロイメバルとの相性はよくなく、時々追いかけ回されていますが、自由自在に体の角度を変えて、うまく上のほうへ身をかわします。


 IMG_4660.jpg
 新たに加わったコケギンポの仲間 以前紹介したものより茶色がかっています。

 IMG_4657.jpg
 
 IMG_4650.jpg
 
 IMG_4397.jpg
 以前紹介したコケギンポ 黒っぽく小さな白い点が見えます。

 IMG_4299.jpg
 イワヅタのベッドに揺られています
 
 IMG_4798.jpg
 縄張り争いするコケギンポ たまに噛み付き合っているのをみることがありますが、すぐにおさまります。

 
 IMG_4253.jpg
 長く生きている(4年目くらい)ハオコゼ 獲物に狙いを定めています。
 
 IMG_4775.jpg
 ハオコゼは3匹いますが、その中でも、もっとも強い警戒心を持つ赤味の強い個体。
夜になり、照明が落ちて手前に出てきたところ。 

 IMG_4778.jpg




 IMG_4677.jpg
 水槽を上から見たところ。  




 
 魚の種類によって、さまざまな習性があり、まったく同じ種類でも、性質が違っており興味がつきません。





2016年05月07日

背景を描く職業があるんだよ

こんにちは、伊藤です。

GWが過ぎ去ろうとしていますね、みなさんいかがお過ごしでしたか?

今回はGW中の出来事ではないのですが、少し前に中学校へお邪魔して、
背景の仕事について講演をしてきたときのことを書こうと思います。


中学校教師をしている姉に、
職業講演会をやるから普段やっている仕事について何か話してくれ
と頼まれたのが事のいきさつです。
180人の生徒達の前で講演をするわたし・・・汗

IMG_6158.jpg

パブロは手描きの背景作業を主にやっている会社なので、
実際に使っている筆やポスターカラー、実物の完成した背景なんかを見せたり、
その場で溝引き(定規とガラス棒を使って直線を引くこと)などを描いてみせたりしました。

やはりこういう職業は言葉でずらずら説明するより、
実演して見てもらうのが一番伝わりますね!

パレットナイフに絵の具をたっぷり付けてガサガサしたタッチ
(セラフタッチと呼んでいます)を紹介したときは
中学生たちの反応が良く、とても驚いたようでした。 

21f34eab-eed8-4271-be37-65e5dad694cf.jpg

最後に、
子供のころから絵を描くこととアニメが大好きで、それを仕事にできたこと、
決められた締め切りの中で質と量のバランスをどう取っていくか試行錯誤していることなどなど、
精神論的なことも話しつつ、
アニメを観るときはキャラクターばかりでなく、背景にも注目して見てね!!!
と力強く主張してこの会を終了としました。


後日、中学生たちから感想のお手紙をいただいたのですが、
背景を専門に描いている職業の存在を知らなかった、とか
全てパソコン作業だと思っていたから手描きで描いていることに驚いた、
などの感想が多くありました。


普段見ているアニメの制作現場や、まして背景・美術というマニアックな職業の
話を聞くのは興味深かったのではないでしょうか。
これをきっかけに、アニメの見方が変わったり、もっと深く楽しんで貰えたら嬉しいです!



posted by パブロ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(伊藤)