2016年04月16日

雪山

こんにちは、赤木です。

桜も散り、だんだんと暖かくなってきましたね。
しかし日本には、年中雪の消えない山があります。
緑いっぱいの山も良いものですが、雪山の美しさは格別です。

今回ご紹介するのは長野県白馬岳です。

12143323_893284090750873_8634929846954501775_n.jpg

登山初日は吹雪でホワイトアウト(視界が白一色となり、方向感覚を失うこと)状態でした。
方向もわからなくなりますが、地面もよくわからなくなるため、船酔いのような感覚になります。
髪の毛もまつ毛も凍り、手は寒さで青くなっていました。
凍傷予防として、血の巡りをよくするためにとにかく手をぶんぶん振りながら、頂上を目指しました。
背負っていた水も凍ってしまったため、途中から水も飲めなくなってしまい、頂上の山小屋に着いたときには、むくみで顔がぱんぱんにふくれていました。

山に登って一番感動することは、ごはんのおいしさです。
ただのカップラーメンが、何万もするフルコースよりも美味しく感じます。
白馬山荘のごはんのクオリティがすごく高くて感動しました。

12096573_893284317417517_8373282787313135735_n.jpg

宿に一泊して、次の日は嘘のような無風の晴れ。

12118641_893284110750871_1323216033590905597_n.jpg

12115632_893283927417556_5496419651206463062_n.jpg

12079591_893284167417532_8555869442316070606_n.jpg

12063401_893284064084209_2191406763116108934_n.jpg

12140567_893283944084221_6487211186535855092_n.jpg

12096146_893284184084197_8967443327463753352_n.jpg

白馬岳山頂の崖から下をのぞくとこんな感じです。高い。

11222066_893284134084202_4147283625245177599_n.jpg

山のふもとで買った、成虫の蜂をたくさん表面にプレスした長野名物・地蜂せんべいは、私の名前をエンドテロップに入れ忘れた新人の制作進行さんにあげました。



posted by パブロ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記