2015年12月26日

終わりのセラフを描いてくれた皆さんへ

こんばんは、吉岡です。

終わりのセラフ名古屋決戦編の最終話が放送されました。

パブロでは忘年会をしながら関ってくれた皆と一緒に、最終話の放送を楽しみました!
私は去年の7月から少しづつ準備をはじめて一年半関った作品でしたが、
やっと終わったという実感が沸いてきたところです。

セラフの美術は、絵の具で描きパレットナイフなどをつかって独特な世界観を創っていったので
みんなの力無しでは、完成しなかったと思います。

今回のブログでは、終わりのセラフの世界を描いてくれた美術監督補佐と背景スタッフを、
描いてくれた絵と一緒に紹介できればと思います!



嶋田 昭夫

simada.jpg

嶋田さんはセラフ班の中では俯瞰カットや建物の外観など、ここぞというカットを
いつもお願いしていました。すごく頼れる先輩で手間のかかる俯瞰カットなども笑顔で
描いてくれて助けられました。
#16でサービスエリアに向かう俯瞰カットなど3〜4カットを描いてくれた時は
朝もやの中まだ日が上っていない冷たい冬の朝と、そこから30分ほど時間が経って
少し朝の光線が感じられるような雰囲気を的確に、かっこよく描き分けてくださって
本当にありがとうございますと、感謝しっぱなしでした!



今井 修

imai.jpg

今井さんは、繊細な表現や色がとてもきれいで#22の雪の積もった土手のシーンを描いてもらった時  
紙の背景画を見て、びっくりしました!夕日の方の空と逆側の空をきれいに色でつないでくれて、雰囲気のある美しい
雪のシーンになったのは今井さんのおかげです。
2期のOPの真ん中あたりの早朝の空も今井さんです、雲の柔らかな感じと薄い黄色とピンクが
感じられる雲はとてもキレイで嬉しくなりました!                                  



座間 智子

zama.jpg

座間さんは、セラフタッチや独特のマチエールがとても上手でサングィネムの吸血鬼の世界を
描いてもらうことが多かったです。一話のフェリドが登場するシーンを描いてくれた時に、
フェリドが降りてくる階段の質感が抜群に上手くて、そうそうこれですっ!って嬉しくなりました。
#7で初めて優一郎が壁の外に出るシーンも、防御壁の高さを感じさせるため、モヤをパレットナイフで
絶妙にいれてくれて、後からOAを見た時にハッとするくらい高さが出ていて驚きました!
座間さんはいろいろなセラフのタッチを生み出してくれて、セラフの世界観の幅を広げてくれました。

 

藤井 綾香

sr14_189R_212R_217R_222R.jpg

藤井さんはセラフ一期の美術監督補佐をしてくれて、私が終わらないー!っとなってくると
いつも一緒に頑張ってくれて、本当に何度も助けてもらいました。
二期に入ってからは背景としてがんばってくれて、藤井さんの描くセラフの背景は勢いと荒々しさと
繊細な線が絶妙に混在していて、セラフの美術は本当に自由な表現の幅があるんだと教えてもらった気がします。
そして、藤井さんは色のセンスもよくて#14の優一郎の悪夢のシーンをお願いした時も絶妙な色と
ピシッと気持ちいい線が入っていて、このシーンは藤井さんにしか描けないと思いました!
藤井さんも、セラフの世界観の幅を広げてくれました。



鈴木 隆之 

suzuki.jpg

鈴木さんにはいつも枚数が多いところをお願いしていました。
戦闘シーンだったりとか、兼用を上手く考えてくれていつも頼っていました。
鈴木さんに#22の夕景のミカエラと優一郎が高機動車に乗って移動するシーンをお願いして、
そのシーンのラストカットを描くために、通勤途中の鉄塔の写真を撮ってきて鉄塔を描いてくれた時は
すごく嬉しかったです!
夕景の空にささる鉄塔のシルエットがきれいで、鈴木さんに描いてもらってよかったなと思いました。



石田 幸 

isida.jpg

石田さんは、雲を描くのがとても上手くていつも空を描いてもらいました。
セラフの雲には柔らかく描く所とパレットナイフでタッチを乗せるバランスが難しいのですが
石田さんの雲は、いつもバランスが絶妙で本当に頼りにしていました!
セラフの二期のOPのラストの青空や#23#24の空港の壮大な夕景の空は石田さんの空が沢山出てきます。
最終話の広島空港も自分からこのシーンをやりたいですといってくれて、上がってきた背景もかっこよくて
すごく嬉しかったです。



藤野 真里 

hujino.jpg

藤野さんはセラフの2期の美術監督補佐をしてくれて、三年目で初めての美監補佐だったのにもかかわらず
スケジュール管理や背景スタッフの皆がしっかり休息をとれるようにいつも考えて、皆がいい絵を描ける様に
全力で動いてくれました。
そんな藤野さんの姿勢に、私ももっと頑張って引っ張っていかなきゃって何度も励まされました。
背景の方は、藤野さんはイメージが上手くてイメージカットがあれば藤野さんにどう?やってみる?
って聞いていつも描いてもらっていたような気がします。
2期EDの優一郎が暗闇の中に立っている背景画も藤野さんに描いてもらいました。
あがってきた画をみて、何層にも重なった染みやにじみが闇に溶け込み、すごくかっこよくて
嬉しくて、やっぱり藤野さんにお願いしてよかったと思いました!



福田 健二 

hukuda.jpg

福田君には、地上に続く門をずっと描いてもらいました、ケント紙に白い空間が映えるように
床の冷たく硬い質感や天井からのフレア感のある光など、自分でどんどん表現を発展させてくれて
すごく頼りにしていました。
#9に出てきたクルルの間の本番ボードも福田君が自分から描いてくれて、
クルルの間の柱の女神像も服のドレープまで美しく描いてくれてとっても嬉しかったです!
福田君にはいつも大量の背景画をお願いしていて、福田君のパワー無しでは、セラフ一期は乗り越えられなかったと
思っています、ありがとうございました!



矢口 聖奈

yaguti.jpg

矢口さんはセラフに一番長く関ってくれて、私がまだ一話を一人で作業している時から参加して
一緒にセラフのタッチや表現を考えてくれました。
矢口さんの描いた背景で印象に残っているシーンは、一話の優一郎達の家でろうそくの明かりが柔らかく周りを
照らしている雰囲気を上手く描いてくれて、ろうそくの周りの壁に張ってある子供の絵も子供の絵らしく
描いてくれたことです。大切なシーンだったのですごく嬉しかったし矢口さんに描いてもらってよかったなと
思いました!
最終話もラストシーンの漁村を描いてくれて最後まで粘って、もっといいものにしたいっていう姿勢で
描いてくれたことが本当に嬉しかったです!ありがとうございました!



川久保 美冴 

kawakubo.jpg

川久保さんはセラフの期間中どんどん頼もしくなって、じゃあこれもお願いしようと
BGオンリー(キャラクターの乗らない背景画のみのカット)や質感のあるカットを描いてもらいました!
川久保さんは、描く前ににしっかり原図(背景画を描くための指示書)に描かれている物の内部の構造や材質まで考えて描いてくれて
いるので、それが名古屋市役所の壊れた壁などを描いた時に説得力と存在感がしっかり感じられて
古い建物の重さまで感じる背景になっていたと思います。
川久保さんの描く壁は表面しか描かれていなくても奥がしっかり詰まっているのが感じられて、いいなぁと
いつも嬉しくなりました!
かっこいい背景をいっぱい描いてくれてありがとうございました!



松村 良樹 

matumura.jpg

松村君は、新人一年目からセラフに参加してくれました、初めは取っ掛かりやすい壁や地面などから
始めてもらったのですが、どんどん上達していきました。
松村君は観察眼が鋭くて、#18の希望の広場のタイルの地面を描いてもらった時にタイルの硬く焼いた質感と
そこに入るヒビやタイルの目地の隙間から生える雑草のあるある感を、とても上手く描いてくれました!
すごく嬉しくて、その後シーンで40カットぐらいを松村君一人にお任せしました!
最終話で、自分からサングィネムが描きたいといってくれてガーゴイルのカットをお願いしたら、
想像以上にかっこいい背景が上がってきて、あらためて経験も大切だけど自分が描きたいシーンを描くべきだ
と気づかされました!



伊藤 緑

itou.jpg

伊藤さんも、新人一年目からセラフに参加してくれました、伊藤さんは最初から大胆にタッチがいれられていて、セラフの背景にきっと合うに違いないと思いました!
伊藤さんは度胸がある絵でざっくりしたセラフタッチが上手く、#19の名古屋市役所の執務室の壁が破壊されて大穴が開いた場面を描いてもらった時に、古い建物の厚い壁がわれて瓦礫の山になった雰囲気を、
平筆でざっくり描いて荒々しく表現してくれて、それがすごくかっこよくてうれしくなりました!
#16でサービスエリアの外の風景を描いてもらった時も、遠景に薄くセラフタッチをいれてくれて
朝の雰囲気と荒廃した感じが上手く出ていました。
伊藤さんには、1年目だとすこし高いかなと思うハードルを用意しても、いつも笑顔で乗り越えてくれて
本当に頼りになりました!ありがとうございました!



長澤 里美 

nagasawa.jpg

長澤さんはセラフがいっぱいいっぱいな時にピンチヒッターとして入ってくれました。
いつも元気で笑顔で皆を励ましてくれました!
#7の朝もやの中列車が走っていくPANUP(カメラが移動する画)の背景画を描いてくれて、ビルの谷間にたまるモヤを
荒々しくセラフタッチで描いてくれて嬉しかったです、TV放送でみても3Dの列車とのマッチングも
よくてかっこいいカットになったと思います、ありがとうございました!



小坂部 直子 

osakabe.jpg

小坂部さんは、セラフの1期から外注さんとして参加していただきました。
初めての打ち合わせで、モデリングペーストとパレットナイフ、パステルを渡して
やってくださいとお願いしたら、笑顔で面白いねと言って下さってすごく嬉しかったです。
社外での作業で距離は離れていても、セラフの荒々しいタッチをパレットナイフで表現してくださって
本当に頼りにしていました!
小坂部さんは、積極的にセラフタッチを入れてくださるので、タッチのあるシーンばかり
お願いしていたような気がします。
#17の名古屋に実際にあるクリスタル広場を描いてくださった時も、美術ボードには描いていなかった
中央のモニュメントをしっかり描いてくださってほんとうに嬉しかったです!



最後に、セラフの美術監督をやらせてもらって本当に楽しかったです!
初めての美術監督で不安な時もあったかと思いますが、皆さんがついてきてくれて
本当に嬉しかったです、みんなで走りきれて、本当によかったです!!

そして、このチャンスを下さった秋山さんにとても感謝しています。
ありがとうございました!

sr24_317.jpg
 
 
posted by パブロ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(吉岡)

2015年12月19日

俯瞰(ふかん)を描くときに気をつけていることなど

こんにちは、嶋田です。

今年もあと2週間足らずになりましたが、
年明けから作業してきた「終わりのセラフ」もいよいよ来週最終回を迎えます。

私は2期に入ってからは、他作品との兼ね合いもあって全面的には
関われなくなってしまったのですが、そのせいもあってか、
俯瞰の引き画を任される事が多くありました。

この絵は1期のものです。 

sr08_204.jpg

引き画のときは特に、空間の広さや距離感を出すことに注意しています。

画面が平均的にならないよう、描き込み過ぎに気をつけています。

sr16_001伊.jpg

画面の隅々までまんべんなく描き込むのでは無く、ポイントとなる部分を強調し、
それ以外の部分を省略するようにしています。

sr16_033_247-1土.jpg

手前と奥の色の強さ、変化を強調するよう気をつけています。
 
画面全体のバランスを崩さないように気を配ることが大事だと思います。


この絵では、下に落ちた高架の道路の割れ目や、三角形のビルの立ち上がった感じを
強調する為に画面中央付近にポイントを作りました。

sr22_025.jpg

ビルの屋上辺りはやや描き込みますが
sr22_025bill.jpg

画面の端のほうは、少し抜き気味に描いています。sr22_025haji.jpg


セラフはベースが手描き背景なので、画用紙にレイアウトをトレスしてから描くのですが、
主だった建物や道路などをトレスするだけで、細部は直接資料等を見ながら描いていました。

トレスする線はこの位の描き込みです。あまり描き込んでいません。 

16-66jp.jpg

トレス時に大事なことは、描きはじめる前の準備段階なので、資料や画像などをよく見て
頭の中で出来るだけはっきりした完成のイメージを固めることです。
 
引き画に限らずですが、早い段階で完成画のイメージを固めることは
描き進めて行く上で迷う時間を減らし、なるべく真っ直ぐ完成に向かう為に大事です。
 
そのことが仕事の効率にもつながりますし、なによりも
絵の鮮度を落とさない結果につながります。

sr16_066.jpg

俯瞰の引いた画となると、まったく同じアングルの写真や資料がない限り
イメージを固めることは難しいですが、似たような画像を複数見て
組み合わせたり、現地に行って雰囲気を感じたりしながらイメージを固めていきます。

ちなみにこの写真は、上でご紹介した俯瞰の画を描く為、休日にサービスエリアまで行ったときのものです。
DSC_0252.jpg
 
このようにいろいろな工夫をしながらイメージを固めて描いているのでした。(^^)



posted by パブロ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2015年12月11日

タッチタッチここにタッチ


IMG_4051.JPG

カワクボですこんにちわ!

社内で共通の物を使っていると誰のか良く分からなくなったりしてしまうので
自分のものに名前をつけているのですが、
普通に書いても面白くないなと思って顔文字っぽく書いてみたりしています。



さて、セラフも22話まで公開されて物語りもいよいよクライマックスへ!
ペインティングナイフやモデリングペーストで作業するのもクライマックス!

そう、皆さん感じていると思いますが、セラフでは荒廃した世界観を伝える為に
絵筆だけでなく、モデリングペーストやペインティングナイフを使用してマチエールを出しています。
詳しくは吉岡さんの記事でもご紹介しています。
 
PABLOスタッフ間ではこうしたテクスチャ的タッチを「セラフタッチ」と呼んでいます。
せっかくなので今回はセラフの画面を飾ってきた「セラフタッチ」の使用例をいくつか紹介したいと思います!
紹介する背景画は自分が描いたものです(^^)


■空気感を出すための使用例
blog1512 (11).jpg
画面一番手前の青紫色の部分がペインティングナイフによるセラフタッチです。
ペインティングナイフは70年代頃のアニメ作品では質感表現としてしばしば使用されていましたが
セラフでは空間表現としても使用しています。
遠景がかすんで見づらくなっている時の表現だったり、距離感を分かりやすく伝えるための表現です。

上の画像は、画用紙が乾いている状態のときにペインティングナイフを入れたものです。
よく固い粒の表現が出るので、仕上げの際に抑えて馴染ませます。

blog1512 (25).jpg
こちらは画用紙が濡れている状態のときにペインティングナイフを入れたもの。
絵の具も乾いてないので紙の上で混色して馴染みが良いです。
混色するので色数が多い時は不向きです。

blog1512 (5).jpg
油絵でよく使われる豚筆を使用して、画用紙が乾いた後に描いたものです。窓外の木のうしろあたりです。
水彩用絵筆より固くペインティングナイフより細かい表現が出せます。


続きはこちら!
posted by パブロ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(川久保)

2015年12月03日

初めて飼う海の生き物たち

 こんにちは。 パブロの終わりのセラフ班で背景を担当しています、今井です。
 セラフでは手描きの表現を極力画面に取り入れようと取り組んでいます。 
 そんなセラフにかかわれるのも、あとわずかになりました。
 残りの話数も頑張って取り組んで行きます。


 そして今回のさかな通信ですが・・・
 最近、磯の潮溜まりや漁港などに棲んでいる魚や生き物を採集したので、ご紹介していこうと
 思います。
  
 IMG_3427.jpg
 イソクズガニ  潮溜まりの海藻が生い茂っているところにじっとしていました。


 
 IMG_3582.jpg
  ハサミがみえます。

 IMG_3456.jpg
 写真は水槽の中です。 動きが非常にゆっくりしていて、他の生き物に狙われやすいため、自分がいる環境に溶け込むよう海藻など身に付けてカムフラージュ(擬態)します。 目が慣れないうちはどこにいるのかまったくわかりません。
  
 IMG_3990.jpg
 岩の裏についていた白いカイメンを付けた状態。


 
 IMG_3391.jpg
 ブドウガイ  おだやかな潮溜まりの泥底にいました。体長1〜2cmくらいです。ウミウシのなかまですが、派手さはなく、背中に貝殻がみえます。
 
 IMG_3364.jpg
  
 IMG_3711.jpg
 ガラス面や岩に付着した藻や海苔をよく食べ、しかもよく繁殖するので水槽内がきれいになります。
 
 
 IMG_4150.jpg
 コケギンポのなかま  小さな漁港の岸壁の底 水深3〜4mのところにいました。全長8cmくらい
 
 IMG_4146.jpg
 ふだんは岩の狭い隙間にいて、獲物が通るのを上目遣いで見ていて、射程距離に入るなり大きく口を開けて捕まえ、すばやく棲みかに戻ります。 他の魚が近くを通ると、大きく口を開けて威嚇し、自分より大きな魚でも追い返します。


 IMG_4176.jpg
 キュウセン  水深50cm〜1mくらいの砂地の浅瀬にいました。 動きがしなやかで狭い岩の間もうまく泳ぎます。 餌を捕えるのが非常にはやく、大食漢で目を常に上下左右に動かし餌を見つけ出します。そのため、他の魚がいつまでも餌を食べることができません。

 IMG_4092.jpg
 しかし夕方になると、あっという間に砂の中に潜ってしまって翌日の昼になるまで出てきません。
この間に他の魚や生き物に餌をあげることができます。写真は起きて間もない状態のもので、まだ顔に砂が付いています。

 
 
 IMG_4102.jpg
 小さなハオコゼで全長5cmくらい。  まだ慣れていないため、よく隠れてじっとしています。この水槽にはいつもハオコゼが入っています。




 IMG_3485.jpg

 
 IMG_3696.jpg





 潮溜まりの生物は、素手やピンセット、小さな網などで十分捕まえることができます。すばやい魚などは、
簡単な仕掛け(短い竿、細い釣り糸、軽いおもり、かえしをつぶした小さい釣り針)で釣ることができます。
捕らえた生き物(小魚2〜3匹)は、フタ付きのバケツ(3Lくらい)に入れ、1時間おきくらいに海水を入れ換えます。 暑い日でなければエアポンプなしで数時間運ぶことができます。
 
 このようにして比較的簡単に飼うことができ、初めて出会った個性的な魚や海の生物を長い期間観察することができます。