2015年08月29日

今年の運を使いきった気がします。

はじめまして、PABLOに間借り中のフリーランス、赤木です。

気温もすっかり下がり、秋が早くも来たようで、すでに食欲がマックスです。夏バテは、人生で一度もしたことがありません。

昨日は、PABLOでも参加させて頂きました、劇場アニメ『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』の打ち上げに行ってまいりました。

04.jpg

監督や声優さんだけでなく、制作、作画、仕上げ、背景、撮影・・・さまざまな分野のスタッフさんが集まるので、アニメ業界のいろんな方々とお話できるとてもよい機会です。
有名な美術監督さんにも急接近できる絶好のチャンスであります。
初めてお会いする場合でも、あの作品のこんな名シーンを描かれているというお話から始まり、話題はつきません。

スイーツがすべてナルト仕様でした!!
01.jpg

02.jpg

03.jpg

そんな歓談も盛り上がっている頃、クジ引き大会が始まりました。

作品の打ち上げでのクジ引き大会は非常に熱の入るイベントです。
なんと美術監督の小関さんが、当たった商品券を背景スタッフのみなさんに配っていらっしゃって、たまたま近くにいた私も頂きました!お優しい!大切に使わせていただきます。

テレビ、掃除機、フィギュアなど賞品は様々です。
クジ引きも終盤・・・残る賞品もあと少し・・・。
人数も多いですし(この度の打ち上げには200人ぐらいいたでしょうか?私の番号札が183番だったので)期待してもどうせ・・・と思っていたら!!

「183番!183番の方!」

壇上に上り、震える手で私が引いたクジを読み上げる司会の方・・・!

「賞品は・・・PS4です!」

両手で口をふさぎながらも、マイクのいらない音量で喜びの気持ちを叫ばせていただきました。
会社のスタッフ代表で行ったにもかかわらず、配達伝票に会社の住所でなく、自宅の住所を書きました。

BORUTOに参加できて本当によかったです。(仕事的な意味です)

05.jpg

そんな劇場アニメ『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』現在、全国の劇場で公開中です!!

是非お近くの映画館で!!


posted by パブロ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(赤木)

2015年08月20日

みえるもの

こんにちは鈴木です。

暑い日が続いていますね。
写真 2015-06-28 15 10 41 (1).jpg

終わりのセラフの1期の放送が6月で終わりましたが、僕たちパブロのスタッフは10月開始の2期に向けて絶賛作業中です。
他に作業している作品もありますので、お知らせとして弊社ウェブサイトで順次告知されていくと思います。


話は変わりましてこの記事のタイトルからつながるお話を。

僕たちが日常の生活をしていく時に使っている感覚には「見る」「聞く」「触れる」が大きいものとしてあると思います。
特に目からの情報は大きなウェイトを占めています。

僕たちの仕事の「絵を描く」これも「目」「見る」というものによって成り立っています。


もし視覚があてにならないほどの暗闇の世界におかれたら。
そんな「闇」をみなさんは体験したことがありますか?
体験してみたくはありませんか?

闇の中でどんな感情でどんな行動ができるでしょう。

そんな好奇心を体験で満たしてくれるイベント。
「ダイアログ・インザ・ダーク」

セラフ1期の作業後にいただいた休みに行ってきました。

http://www.dialoginthedark.com/
ウェブサイトです。

以下はサイトからの引用による概要です。

'ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。'

1999年から各地での開催がはじまり2009年からは渋谷区神宮前の会場で常設展として体験できます。
僕は数年前とある日記形式の漫画で存在を知りずーっと気にかけていましたがふと思い出し行ってきました。


入り口です。静かな雰囲気です。
ロゴはコンセプトを表しているように見えます。

写真 2015-06-28 16 08 51.jpg


ロビーには活動の記録があります。常設から6年です。

写真 2015-06-28 16 14 54.jpg

体験する人は8人のグループで行動します。

徐々に暗い部屋へと移動してゆくのですが真っ暗にされたときは恐怖がありました。
最後は自分の手さえ見えない闇です。

数部屋をアテンドさんの誘導でレクリエーションをしたりしながらめぐります。
同行のみんなで声を出し合い部屋にあるものに触れたりしながら空間を共有し自分なりに暗闇に感覚の世界を作って行きます。

最初はみんな知らない同士ですがお互いを気遣って手をとりあい声をかけあったりしながら徐々に仲良くなり温かい空間として認識されていきます。

トータル90分のプログラムでした。
体験のすべてを書くと長くなるので割愛しますが印象に残った1部屋のことを記します。


数部屋目での「カフェ」です。

テーブルもいすもわからない中で店員さんに誘導され着席。
メニューは店員さんが口頭で伝えます。
こぶ茶。アイスティ。ビール。さまざまです。
僕はビールを選びました。おつまみがついています。
注文が決まると見えない中で会計です。
お金も大きさや手触りでどの硬貨か紙幣か割とわかるものです。

他の人が選んだ飲み物が配られます。匂いで何がやってきたかわかるものもあります。
僕が選んだビールはグラスとビンでやってきました。
自分で注いで飲むということです。
どこまで注いだかわかるようにグラスに指をいれてみたりグラスの外側の温度でわかるように集中しながら注ぎます。
飲んでみると味覚と嗅覚が際立っていつもと違う味がしました。

終わった後は興奮が続きました。
一緒に回った人たちとお話もしました。
目を開けていても閉じていても同じ、開けているのか閉じているのかわからない感覚。
みえないからこそ感じられるもの、みえるもの。
目によった仕事をしているからこそ目に頼らない体験ができてよかったです。
季節ごとに内容も変わると聞いたのでまた体験したいです。

最後に、自分用に買ったおみやげのパンフレットです。

写真 2015-07-01 7 08 29.jpg


posted by パブロ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(鈴木)

2015年08月12日

勝浦へ

こんにちは、嶋田です。

先日、天気が好かったので、バイクで勝浦方面へ行ってきました。

高速を降り少し進んだところで、良さげな駅を見つけたので、ちょっと寄り道。

RIMG1020.JPG

電車は1時間に1本位かな・・・。

RIMG1038.JPG

平日にも関わらず、見学や写真を撮っている人がちらほら。

房総半島を一気に南下して、太平洋へ。

RIMG1090.JPG

ここまで南下すると、海もかなりキレイです。

その後は、国道を外れてより海沿いの細いみちを通り、目的の海岸へ。

RIMG1115.JPG

RIMG1142.JPG

RIMG1178.JPG

そうこうしてる間に日も沈んでしまったので、一路自宅へ。

RIMG1197.JPG

RIMG1199.JPG

RIMG1207.JPG

途中、御宿付近ではサーフィンをしているひとも。

RIMG1229.JPG

RIMG1248.JPG

灯りの点いた踏み切りを見つけたので、そこでも1枚。

RIMG1311.JPG

偶然電車が通りかかりました。 
 
 
posted by パブロ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(嶋田)

2015年08月09日

夏です

こんにちは、座間です。
ほんっとに暑い日が続きますね!!!夏ですね!
私は
DSC_0589.JPG
夏祭りを楽しんだり
DSC_0595.JPG
他の記事でも話題になっていますが、ジャンボスイカに埋もれてみたり、割と充実した夏をすごしています。

そして、セラフがひと段落して、私は次作品の準備作業に入っています。
先日は初めて美術補佐として泊りがけのロケハンにも行きました手(チョキ)
ロケハン中、監督や作品に関わる大勢の方々のお話を直接聞くことが出来てとても刺激的でした(普段、机に向かっての作業が多いので)
それぞれの分野で皆さんいろんなことを考えていらっしゃる。ほんとに色々な人が関わって作品が出来ているのですね!!!
作品が始まりましたら、この辺のお話が出来る日がくると思いますので、お楽しみにるんるん

それでは、まだまだ暑い日が続きそうですが、皆様体調にお気をつけください晴れ
私も頑張って残暑を乗り越えようと思いますexclamation

posted by パブロ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(座間)

2015年08月01日

テイテン・カメラ二世


こんにちわ!ご無沙汰しておりますカワクボです!


セラフもひと段落して夏だぁ〜なんて呆けてたりしていたら
どーんと18kgもある大きなスイカがやってきたりして
IMG_3968_800_1.jpg
美味しいもの食べてまた呆けてたりしています。
富山のジャンボスイカだそうでサザエさんでお世話になっているエイケンさんの美術課の方にいただきました!本当に大きくてしかも実は甘くて瑞々しいという贅沢な夏の食べ物です!




でも、今回私はそんなスイカをいっぱい食べることを少し躊躇ってしまう程度には忙しいのです。

というのも……

IMG_4014_800_1.jpg

カメラ…………?


IMG_4008_800_1.jpg

こ、これは…………!?


IMG_4010_800_1.jpg

テイテン・カメラ!?


このテイテン・カメラ氏、何者かというと実は昨年末くらいから現れたパブロの常設定点カメラ。
これを使って皆さんにパブロの背景画をコツコツ撮ってもらっています。因みにこちらは三階作業者のための二代目。

なんのためかといいますとこちら - 手描き背景工程集 2013
一昨年にデザフェスなどで出した工程集の二弾目を作ろうという計画です。

この時は各自のカメラで各自撮ってもらって、それを自分が繋げて見れるように編集してました。
撮る角度も写真の色味も被写体との距離感もバラバラな上に水をたっぷり含んでたわみ変形した紙だったのでなかなかハードな作業だったのを覚えています。
今見ると、寸法も色味も制御し切れていなくて若干不安になります……。

そこにテイテン・カメラ氏が来てくれたので一枚ずつの見栄えのバラつきが紙自体の変形以外ではほとんどない!すごい進歩です!
でも太陽光の影響(光の色)が少しでもあると色が変わってしまうので、今も暗幕を張ったり研究中です。
IMG_4015_800_1.jpg

撮影は一点を合わせて紙が浮かないように文鎮などで押さえ、リモコンをつかってシャッターを切ります。
IMG_4011_800_1.jpg

カメラも時々ずれるので水平・垂直を保つよう注意しています。
IMG_4012_800_1.jpg

撮るタイミングは人それぞれですが、大体は
下絵(トレース)→下塗り(地塗り)→大雑把な描き出し→描かなくちゃならないところの描き足し→見栄えの調節のための描き足し(仕上げ)の区切りで撮ってい(ると思い)ます。
下の写真は大体この流れで撮りました。(最後の二枚はカメラではなくスキャナーで取り込んだものです。)
koutei-syasin.jpg
集中してしまうと仕上げまで一気に描き上げてしまうので、最初の2・3工程までで終わってる写真も沢山あったり……



こうやって準備万端!と思っても、実際作業をしてみるとちょっとカメラがずれていたり、
自分や文鎮の影が大きく入り込んだりしてしまっていて、絵の見栄えを意識するとやらなくちゃならないことが意外とあって結構大変

自分もカメラは初心者の分類なので、日々暗中模索しています。
焦点合わせるのもなかなか上手くできなかったり……(´・ω・`)
二年前の自分の仕事を「手作り感満載!笑」とわらってみても、実は今もスマートさには欠けているというのが悔しい。さらに二年後には今を笑ってもっと堂々と綺麗な絵を提示したいですね!



一応近々発表すると思うのですが、
実は写真作業以外も忙しかったりしてまだやることがあったり!?

大丈夫なのか!?ピンチじゃないか私!?



IMG_3992_800.jpg
(因みにスイカは2日間にわたりスタッフが美味しくいただきました。)






posted by パブロ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(川久保)