2018年06月15日

上海♪

石田です!
只今絶賛放送中のTVシリーズ『蒼天の拳REGENESIS』についてのお話をします♪


の前に!
mise.jpg

先日蒼天の美術スタッフのメンバーで上海料理を食べに行きました。
料理名が読めなかったので雰囲気で頼んだものばかりでしたが、どれもめちゃくちゃおいしかったです!

niku1.jpg
こちらのお肉はトングで触れただけでほろほろに崩れてしまいました。骨まで食べられます!

niku2.jpg
そしてこちらはお店の看板メニュー「激辛!毛沢東スペアリブ」
私は辛くて一口で断念しました…



話を戻して。作品の舞台が上海という事で、まずは上海とは…?という所から始まりました。
しかも年代も第一次世界大戦中のお話で、その時の数少ない白黒写真や、上海を舞台にした映画などを参考に手探りで作業の開始です。

私は1話冒頭の屋台のある通りを担当させて頂きました。

1.jpg

国も時代も違えば家の造りも屋台の出し方も違うのですが、
そのひとつに街中の看板やお店の文字があります。

食べ物の一つも読めないし、壁の文字も書かれてる形式や、そこにその文字があっても不自然のないようにしないと…けど全然わからない…!

という問題にぶち当たったのですが、なんと制作スタッフさんに李さんという中国人の方がいらっしゃいました!ありがたい!!
その方に文字をはじめ、中国での風習の張り紙や意味など、細かく聞くことができました。

moji3.jpg


おそらく50単語近く質問したと思います…笑 親切に教えて下さりありがとうございました!!


そしてその文字を美術スタッフの一人矢口さんに清書してもらいました。矢口さんは習字の師範の資格を持ってる腕前なのです。

moji.jpg
文字抜き2.jpg

最後に出来上がった文字素材を私がぺぺぺ…と貼っていくと、生活感のある上海の街ができました!

2.jpg

3.jpg

いろんな人の協力を得て絵が出来上がっています。
上海の人が見ても違和感のない絵になっていたらいいなあと思います。


そんな『蒼天の拳REGENESIS』もお話が進み、盛り上がって参りました!
ぜひぜひ、上海の街も堪能して頂けましたら幸いです♪



『蒼天の拳REGENESIS』
http://www.souten-regenesis.com/
TOKYO MX他にて 毎週月曜24:30〜(AmazonPrimeなどでも)



posted by パブロ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(石田)

2018年06月10日

大人の社会見学

こんにちは、スタジオPablo代表の秋山です。

最近は「大人の遠足」と称して社会見学が人気あるようですね、そんな流行に乗ろうとした
訳ではありませんが、最近休日等に社会見学を行っているので軽くご紹介したいと思います。
 
目山梨ワイナリー見学
IMG_20180527_095641.jpg

ワインができる工程を、ぶどう畑から醸造設備、ワイン倉庫まで見学しました。

ぶどう畑は雑草が茂っていましたが意図的に除草剤など散布せず、耕さないことで
水や空気を含むフカフカで豊かな土壌を作っているそうです。
IMG_20180527_100026.jpg

IMG_20180527_100812.jpg

アニメの背景美術では、たまに描く機会のある酒蔵ですが
生で見学できたのは貴重でした。暑い日でしたが酒蔵はひんやり、逆に冬は寒くなりすぎないようです。
IMG_20180527_101254.jpg

IMG_20180527_101206.jpg

目銚子醤油工場見学
IMG_20180609_110056.jpg
関ヶ原の戦いの翌年創業のヒゲタ醤油さん
その頃から製法はすでに今の形にかなり近かったそうです。
なぜあんなバイオテクノロジーを思いつくのか
もろみ管理を考えた人天才ですね。
IMG_20180609_110108.jpg

土曜日だったので工場を見学できませんでしたが
VRで工場見学をさせて頂きました。
伝統的手法が守られる醤油工場と最新技術であるVRのギャップが不思議でした。
IMG_20180609_105242.jpg


目アニメ会社見学

昨年「はいからさんが通る前編」でお世話になった 
日本アニメーションさん多摩スタジオを見学させて頂きました。

セル時代のアニメ工程を展示しているスペースがあり興味深かったです。
僕もセル時代に業界入りしているので多少は見たことがありましたが
編集さんの机は意識してみたのが初めてだったので面白かったです。
IMG_0565.jpg

昔好きだった「ポリアンナ物語」の納品用フィルムを発見して感激しました。
IMG_0554.jpg

「劇場版フランダースの犬」の生背景画も貴重でした。
IMG_0558.jpg


社会見学から感じることは
それぞれ違う職場でも携わる方の熱いこだわりは共通だなということです。
工程や知識を知るにはネット情報は有効ですが
熱量は現場で働く人から感じた方が良いですね〜♪ぴかぴか(新しい)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
モバQ最後に宣伝ですが
全貌1.jpg
現在絶賛TV放送中「蒼天の拳 REGENESIS」http://www.souten-regenesis.com/
3Dキャラと手描き背景美術の異色の組み合わせの
画面になっています。是非ご覧下さい!

1.jpg
そして7月からTBSテレビで放送開始「レヴュースタァライト」https://revuestarlight.com/
只今制作真っ最中です!先行して発表された舞台の方は好評のようですし、アニメも盛り上げたいと思います!


posted by パブロ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(秋山)

2018年06月02日

温泉癒しの旅

こんにちは。

お久しぶりです、吉岡ですexclamation



いきなりですが、私は温泉が大好きです。

その中でもよく訪れるのが、箱根温泉と有馬温泉です。



箱根温泉は今年のお正月と3月に旅行に行きました、箱根は何度行っても最高な温泉地です手(グー)

1.JPG

私はあまり観光はせずホテルの温泉に浸かり、寝て、また温泉に浸かるという怠惰な旅行スタイルが好きです。

2.JPG

今回も2泊でお部屋に露天風呂があったので、1日4回温泉に入りました笑exclamation

温泉効果で肌がツヤツヤになり、疲れが取れた最高の旅でしたexclamation

3.JPG


私が現在美術監督として関わっている、蒼天の拳REGENESISが、
TOKYO MX他にて 毎週月曜24:30〜(AmazonPrimeなどでも)放送中ですexclamation
現在8話まで放送中で、これから最終話に向けて物語も背景美術も激しさを増していきます、お楽しみにexclamation×2






posted by パブロ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(吉岡)

2018年05月23日

蒼天の拳絶賛放送中です!!!!!

こんにちは!矢口です!

半年ぶりのブログです。
丁度自分の携わっている作品「蒼天の拳」ですが美術現場では最終話の作業をしているので、担当したカットを振り返ってみようと思います。手(チョキ)

私はこの作品で初美術監督補佐として参加させていただいております。
1年以上描き続けて、だいぶゴリゴリタッチにも慣れてきたと思ったらもう最終話です。
感慨深いです。
今回は1〜6話でわたしが担当したカットをご紹介したいと思います。

全貌1.jpg
1話。
(上)ハルピン駅全景…初めての全景カットで、当時のハルピン駅を調べまくってとても試行錯誤しながら描いたのを覚えています。
(下)大新世界…残念ながら本編では放映されなかった欠番カットです。文字を担当させていただきとても楽しかったです。ここで陽の目を浴びることができて嬉しいです。笑


全貌2.jpg
1話。
(上)夜の上海の河川…建物のシルエットと石の質感など、色々資料を研究して描きました。
(下)大新世界のテラス…距離感と質感をがんばりました。

全貌3.jpg
2話。
(上)上海安宿室内…窓の格子がんばりました。雨のしっとりした空気感を意識しました。
(下)上海安宿外観…現地の建物を研究して安宿感がでるようにがんばりました。

全貌4.jpg
6話。
(上)黄浦江河口・船着場…飛燕が旅立つシーンです。各カットで早朝の空を微妙に変化させています。
(下)黄浦江河口・船着場…飛燕が旅立つシーンです。とにかく雰囲気がでるようにがんばりました。


丁度先週、「第6話 旅立つ燕」が放映されました。
実はわたしはこの作品のこのシーンが描きたくて描きたくて参加を志願しました。
このシーンを担当させていただき、とても嬉しかったです。ぴかぴか(新しい)


蒼天の拳1期の舞台は1930年代の上海で、当時の建物や小物を調べてどのカットも試行錯誤しながら頑張って描きました。手(グー)
3Dのキャラクターと2Dの美術という、とても面白い組み合わせのアニメです。
みなさん是非ご覧くださいexclamation×2exclamation×2


『蒼天の拳REGENESIS』
http://www.souten-regenesis.com/
TOKYO MX他にて 毎週月曜24:30〜(AmazonPrimeなどでも)



posted by パブロ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(矢口)

2018年05月18日

劇場ドラえもん打ち上げ

こんにちは!村上です。

先日、弊社で美術を担当した「ドラえもん のび太の宝島」の打ち上げについて書きたいと思います。
33.jpg

今回自分が一番驚いたことは、会場に入ってすぐのところに
ドラえもんの二分の一サイズの人形がお出迎えしてくれたことです!
DSC_1255.jpg

凄い精巧に作られていて、360°どこを見てもどらえもんが現実に存在する!という感じがしました。
こちらは最後のビンゴ大会の時に景品にもなりました。
当たった人が羨ましい!!

しかし今回、普段くじ運の悪い僕ですがビンゴにあたったのです…!
DSC_1252.jpg
なんと、ドラえもんのぬいぐるみが当たりました!
男性にはちょっと似合わないかもしれない
ピンク色のどらえもんですが、大事に家に飾らさせていただいてます!


posted by パブロ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(村上)